タップル誕生

【タップル誕生の年齢確認】できない時や否認された時の対処法も解説 | 2019年12月最新版

更新日:

「年齢確認のために提出する書類から個人情報って漏れたりしない?」

「タップルってちゃんと個人情報管理してるの?」

このような不安を持つ人は多いと思います。

ですが、マッチングアプリは法律によって年齢確認の義務があるため、年齢を確認できる書類を提出しなければ十分に利用できず、異性と出会うことができません。

結論から言うと、タップルの年齢確認で提出する書類から個人情報が悪用されることはありませんし、漏れるリスクも極力ゼロに近い管理を徹底しています。

この記事では、上場会社サイバーエージェントのグループ会社が運営しているタップルの年齢確認の安全性について解説していきます。

この記事を読むとわかること

[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]

  1. タップルの年齢確認方法と手順
  2. タップルの年齢確認の安全性と危険性
  3. 本人確認があるマッチングアプリ

[/list]

タップルの年齢確認は安全なのか

タップルに限らずマッチングアプリを利用するときには、年齢確認があります。そして、年齢確認をする際に提出する書類は個人情報が含まれています。

なので、情報漏洩などで自分の個人情報が流出してしまうという不安の声もあります。

ここで気になるのは、タップルの年齢確認は安全なのかということです。

タップルは、上場企業である「株式会社サイバーエージェント」のグループ会社が運営しており、個人情報は厳重に管理されています。なぜなら、上場企業ともなると個人情報の流出はとても痛手になるからです。

例えば、通信教育の最大手であるベネッセコーポレーションでは、2014年7月に個人情報の流出が発覚しました。

それによる影響は甚大で、ピーク時に420万人だった会員が2015年4月には271万人と35%も減少。2015年4~6月期の連結決算では、営業損益が黒字から一転し4億3,000万円の赤字になっています。

2017年5月に、会員数の増加や営業利益の黒字転換が発表されましたが、持ち直すのに実に3年間も要しているのです。

また、オンラインゲームを運営している株式会社ゲームオンは、2006年7月に配信プログラムの不具合により個人情報が流出。同月31日に東京証券取引所は、ゲームオン社の上場承認を取り消しました。

このように、大手企業の情報漏洩はかなりの大打撃になります。よって、タップルでも個人情報の取り扱いには細心の注意を払っているのです。

タップルで年齢確認しないとできないこと

タップルは、基本的に年齢確認を済ませないと異性と出会うことはできません。
なぜなら、年齢確認後に利用できる機能として、

・メッセージのやりとり
・おでかけ機能の利用

が挙げられるからです。

マッチング自体は無料でも可能ですが、それ以降のメッセージのやりとりなどは、年齢確認を済ませる必要があります。

タップルの年齢確認の流れ

それでは実際に、タップルで年齢確認するときの流れをご紹介します。

年齢確認に必要な書類を用意する

まず、年齢確認に必要な書類を用意しましょう。

[box class="box28" title="タップルの年齢確認書類"]

[list class="list-raw"]

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

[/list]

[/box]

各種、手順に従って書類の画像を送る

書類が準備できたら、タップルで年齢確認をしましょう。

具体的には、下記の手順になります。

[box class="box28" title="年齢確認の手順"]

  1. まずタップルにログインしマイページを開く
  2. 画面右上の歯車マーク(設定)をタップ
  3. アカウント情報の「年齢確認」をタップ
  4. 「証明書を撮影する」をタップ
  5. 提出書類の種類を選択して用意した書類画像を送信

[/box]

の手順になります。

タップルの年齢確認は○○分程で完了

書類画像を送信したら、後は審査を待つだけです。

この審査時間については、約30分ほどで完了するとタップルのページで説明されています。

実際には、5分程度で審査が完了したなどの声もあるので、30分もかからないことがあるようです。

学生証でもタップルの年齢確認は可能?

学生証でもタップルの年齢確認はできます。

ただし、タップル公式が名言しているのは、大学もしくは専門学校の学生証です。そのため、たとえ18歳になっていたとしても高校生は年齢確認に通りません。

参考: タップル ヘルプ「年齢確認に利用できる書類の種類を詳しく教えてください」
参考: タップル ヘルプ「タップル誕生を安全・安心してご利用いただくために」

そもそも高校生は、法律や地域の条例などに違反しているのでマッチングアプリを利用できません。タップル公式にも、高校生の利用禁止は記載されています。

トラブルの原因になるので、高校生がタップルを利用することは控えましょう。

タップルはクレジットカードで年齢確認できる?

上記のヘルプにもあるように、タップルで年齢確認に利用できる書類の中にクレジットカードは含まれません。ですので、クレジットカードでの年齢確認はできません。

それにクレジットカード情報は、専用のセキュリティフォーム以外では記入しない方が良いです。今回の場合、書類を確認する必要があるので第三者にクレジットカード情報を見られる可能性があるかもしれないからです。

特にクレジットカードは、お金に直接関わるものなので取り扱いに注意しましょう。

タップルで年齢確認ができない・否認された場合

タップルでは、書類を提出したからといって必ずしも年齢確認が通るとは限りません。

年齢確認ができない、否認された場合は以下の理由が考えられます。

[alert title="年齢確認ができない例"]

・記載した情報と比べて嘘が書いてある
・過去に規約違反などで一度退会させられている
・書類画像が全体を写していない

[/alert]

記載した情報とプロフィールで登録している情報に違いがあれば、言わずもがな審査には通らないでしょう。また、過去に規約違反などで一度退会している場合にも、年齢確認を通らないことがあります。

そして年齢確認をする際の書類画像についても、以前より厳しくなっているようです。以下で詳しくご説明します。

タップルの年齢確認は昔ほど通らない

書類画像の一部を黒塗りなどで塗りつぶしていた場合、現在のタップルでは承認されないことが多いです。

また、画像が途中で見切れていたり画質が荒く見えにくい場合も承認されないことがあります。

タップル公式にも明記されているので、年齢確認が承認されないときは一度画像をよく見直してみてください。

参考: タップル ヘルプ「年齢確認が承認されないのはなぜですか?」

以前は、画像の一部などを隠しても認証されていたようですが、公式にも記載されているように現在では少し厳しくなったようですね。

このように2018年12月時点では、年齢確認をする書類画像にも細かい部分で注意する必要があります。

1番個人情報が載っていない書類で年齢確認をしよう

結論からいうと、健康保険証での年齢確認が最もおすすめです。

健康保険証は、氏名や生年月日などは記載されていますが、顔写真が載っていないので運転免許証よりも個人情報が少ないと言えます。

パスポートに関しては、まず申請する必要があり、

・一般旅券発給申請書
・戸籍謄本
・本人確認書類の原本

などを用意しなければなりません。さらに申請費用として1万円程度のお金がかかります。

住民基本台帳は、現在ではマイナンバーカードに切り替わっており新しく申請することはできません。そしてマイナンバーカードは、総務省に禁止されているため利用対象外とタップルには記載されています。(ヘルプの 年齢確認に利用できる書類の種類を詳しく教えてください を参照)

よって、基本的に誰でも持っていて個人情報の量も少ない健康保険証が、簡単かつ安全に年齢確認をすることができるのです。

タップルで年齢確認をする際の注意点

タップルで年齢確認をする際には、いくつか注意点があります。これから年齢確認をしようと思っている方は、よく目を通してから行いましょう。

入力情報を間違えたら審査に通らない

年齢確認をしようと思っても、登録時に入力した性別や年齢が間違っていると承認されません。ですので、プロフィール情報を修正する必要があります。

年齢(生年月日)を間違えていた場合は、以下の手順で修正してください。

  1. タップルにログインしマイページを開く
  2. 画面右上の歯車マーク(設定)をタップ
  3. アカウント設定をタップ
  4. 生年月日をタップ
  5. パスワードを入力(または指紋認証)
  6. 正しい生年月日を選択し「変更する」をタップ

以上で修正完了です。

そして性別に関してですが、タップルでは一度設定した性別は変更することができません。そのため、性別を間違えて登録してしまった場合、一度タップルを退会して再度新規登録する必要があります。

このように面倒な手続きをしなければいけないので、登録する際にはきちんと正しい情報を入力しましょう。

本人確認じゃないので危険性もある

タップルでの確認事項は、年齢確認であって本人確認ではありません。

年齢確認とは、その名の通り書類によって年齢を確認する作業です。対して本人確認は、年齢だけでなく氏名や顔なども確認する対象になります。

そのため年齢確認のみだと、プロフィール情報を確認書類に合わせることで、他人になりすまして登録することが可能です。出会いの安全性を最も重視するなら、本人確認があるマッチングアプリを選びましょう。

本人確認があるおすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結び です。

このアプリは、必須の本人確認の他にも

・卒業証明
・収入証明

などの提出が任意で行えます。

つまりゼクシィ縁結びでの年収や学歴の情報は、他のマッチングアプリよりも信憑性があるのです。年収や学歴に自信がある方や、正真正銘のハイスペックな方に出会いたい人には、ゼクシィ縁結びをおすすめします。
[center][afbtn class="raised main-bc strong red-bc"]ゼクシィ縁結び公式サイトへ[/afbtn][/center]
この他にも下記の記事で自分に合うマッチングアプリが見つかります。

関連記事

女性向けマッチングアプリおすすめランキング
男性向けマッチングアプリおすすめランキング
[/memo]

タップルの年齢確認のまとめ

タップルの年齢確認についてご紹介しました。

タップルを利用するためには、避けて通れないのがこの年齢確認です。男性が利用するには年齢確認と有料会員になり、女性の場合でも年齢確認は必要になります。

他のマッチングアプリでも年齢確認はありますが、タップルだと上場企業の運営なのでより安心して個人情報を送ることができ、審査も30分かからないのですぐに利用できます。

簡単に行うことができるので、ささっと年齢確認をすませて素敵な異性とのマッチングに励みましょう。

-タップル誕生
-

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.