タップル誕生

タップル誕生のチャンスタイムの頻度や条件 | 2019年11月最新版

更新日:


タップルでチャンスタイムの発生頻度や条件を知りたいあなたへ。

タップルで時々発生するチャンスタイム。この発生頻度や条件がわかれば、もっと上手くマッチングにつなげられますし、カードを溜める気も起きますよね。

今回はそんなタップルのチャンスタイムについて、運営側の目的から逆算して頻度や条件を解説しています。知りたい、という人は読み進めてください。

この記事を読むとわかること

[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]

  1. タップルのチャンスタイムの発生頻度
  2. タップルのチャンスタイムの発生条件
  3. みんなはタップルのチャンスタイムをどう使ってるか

[/list]

タップルのチャンスタイムとは

タップルは、そのとき自分が持っている“カード”の枚数分だけ異性をチェックできる、ちょっとしたゲーム感覚を楽しめるマッチングアプリです。

カードはログインボーナスとして、毎日20枚もらうことができます。要するに、1日20人は必ず異性をチェックできるということ。

表示されている異性に対しては、「いいかも!」「イマイチ…」のどちらかを選ぶことで、次の異性に進むことができます。よって、極端な話をすると、20人全員が「イマイチ…」の場合にも、その日のカードはすべて消費してしまうというわけ。

しかしタップルには「チャンスタイム」というボーナスタイム制度があり、これが発生している間は、「いいかも!」を30回行うまで異性をチェックし続けることができるんです!しかも30回「いいかも!」すると、さらにカードが追加されます。

タップルのチャンスタイムの頻度

タップルのチャンスタイムは会員のアプリ使用頻度やログイン時間帯に合わせて、恣意的にかつランダムに発生している可能性があります。

「だいたい3日に1回程度起こっているように感じる」という声もあれば、「毎日欠かさずログインしていても、まったく起こらない」という声も聞かれました。


なお、全ユーザーに共通する発生タイミングとしては、最初にタップル誕生をインストールして、ニックネームや生年月日、血液型といった基本情報を入力した直後。まだプロフィールが完成していない段階で始まる突然のチャンスタイムに、戸惑ってしまいそうです。

速攻で気になる異性に「いいかも!」を送りたくなるところですが、ここは一旦落ち着きましょう。プロフィールの未入力項目が多い会員からの「いいかも!」に、応えてくれる異性はきっと少ないはず。

「いいかも!」を送った相手に自分のことをより知ってもらうためにも、プロフィール入力をしっかり行ってから、チャンスタイムに参加しましょう。

タップルのプロフィールや写真はどういうものを載せればいいのかわからない、という方は下記を参考にしてください。

タップルのチャンスタイムが発生しやすい時間

タップルのチャンスタイムは、発生時間も完全にランダムです。

毎日さまざまな時間にログインしていてもチャンスタイムに出会えなかった、という声もある一方、だいたい午前中が多いといった具体的な声も見られました。

タップルのチャンスタイムの条件

タップルのチャンスタイムですが、ランダムであるものの、ある発生条件がありそうです。それがこちら。

・アプリを頻繁に使用しているときには起こりにくい
・有料会員の更新日が近いタイミングで起こりやすい
・久しぶりにログインしたときに起こりやすい

というのも、チャンスタイムは運営側にとってどういう位置づけなのかを考えると、チャンスタイムの条件が見えてきます。

まず、タップルのチャンスタイムは運営側にとって「みんな、このチャンスタイム中に恋人作れるように頑張ってね!」というものではありません。これはタップルだけではないですが、マッチングアプリの運営は、「恋人を作るためのサービスだけども、恋人を早く作られると売上が上がらないので出来れば恋人を早く作らないで欲しい」というジレンマを抱えている業界であり、ビジネスモデルでもあるのです。

つまり、1ヶ月で恋人を作られると困るけど、1年経っても恋人が出来ないと評判が悪くなるから3ヵ月~半年くらいで恋人が出来るのがビジネス的にちょうど良い、というビジネスなんです。

それはそうですよね。男性会員から売上をあげるのですが、恋人が1ヶ月で出来てしまったら、1ヶ月分の売上しかもらえませんが、逆に半年・1年と使ってくれた方がいいわけです。

よって、タップルのチャンスタイムも、「男性に続けようと思わせるために発生するもの」と考えることができます。

ですので、下記のように推測できます。

・使用頻度が多い・・・チャンスタイムなど起こさずとも使ってくれるので、恋人を作る機会を与えるチャンスタイムを発生させてしまうと辞めてしまう可能性がある
・更新日が近い・・・チャンスタイムを発生させ、いいかもをさせる。いいかもをした女性からの反応に答えたいのでチャンスタイムを発生させて次の月も課金させる
・久々のログイン・・・チャンスタイムを発生させ、いいかもをさせる。それによってマッチングする可能性もあるので、売上につながる。だから久々にログインしたユーザーにはチャンスタイムを発生させる。

こう考えると、チャンスタイムの条件は見えてきます。

一言で言うと、「タップルを辞めそうなユーザー」または「タップルで次の月も有料会員を続けてくれそうなユーザー」がチャンスタイムが発生しやすいユーザーです。

カードの所有枚数

先ほどのように、マッチングアプリ、特にタップルのような「仕訳型」・「フリック型」のマッチングアプリのビジネスモデルを考えると、カードの所有枚数が関係するかどうかも見えてきます。

まず前提として、「完全にランダム」ということはありえません。運営側でコントロールできるようにしないと、売上の高い・低いもコントロールできなくなってしまうからです。

特にサイバーエージェントのような上場企業は株主に四半期毎に成果を公表しないといけないわけですから、売上を恣意的にコントロールできるようなサービスを望むはずです。「この期は売上があまり上がらないから、会社全体として何としてでも上げないといけない」という動機が非上場の企業よりも強いはずだからです。

マッチングアプリに関係なく、どの企業も完全にランダムで売上が左右されることを望むはずがありません。

よって、カードの所有枚数が少ない時にチャンスタイムを起こした方が売上が上がる・上がらないというデータを運営側はわかっているでしょうから、カード枚数の多い・少ないは絶対に関係しているはずです。

基本的にはカード枚数が多い方が課金はしないと思いますから、カードが少ない時の方が発生頻度は高いでしょう。なぜなら、カード枚数が多いと余裕がありますから、マッチングしても「他により良い人がいるかもしれない。どうせまた見つかるだろう」という意識が働きます。

逆にカード枚数が少ないと、「こんな子とマッチングで来たのは運が良かった。今後こんな機会はないからメッセージしたいので課金しよう」という気になりますよね。

課金させるのが運営の目的ですから、カード枚数が少ない方がチャンスタイムは発生しやすいはずです。

なお、タップルのカードを無料で増やしたい、という方は下記を参考にしてください。

有料会員・無料会員の差

原則として、有料会員・無料会員でも、チャンスタイムは発生します。ただし、無料会員だと30回「いいかも!」することで100枚もらえる追加カードが、有料会員だと30枚に。

また、「有料会員になったらチャンスタイムが来なくなった…」という口コミもありました。


これは「有料会員=課金させる必要がそこまでない会員」だからです。課金させるのが目的なわけですから、既に課金した会員にわざわざチャンスタイムを起こすメリットがありません。

タップルのチャンスタイムは通知がくるの?

チャンスタイムの発生時に、通知がくることはないようです。あくまでもログインしたタイミングで、突然発生します。

ほんの少し息抜きを…と思ってタップル誕生を開いたときに、偶然チャンスタイムが発生してしまったら、ちょっと焦ってしまいそうですね。

タップルのチャンスタイムのみんなの使い方

発生したからには、その30分を有効活用したいところですよね。さて、会員のみなさんは、どのようにチャンスタイムを過ごしているのでしょうか?

初めてのチャンスタイムを最大限活用できるように準備した

タップルの最初のチャンスタイムは、アプリをインストールし、簡単なプロフィールを入力した直後。趣味や休日の過ごし方、自己紹介文といった、異性に見てほしい項目はまだ入力できていない状態です。

少しでも時間を無駄にしないためにも、特に自由記述になる自己紹介文はあらかじめ考えておき、スムーズに入力できるよう準備しておくのがおすすめです。

無料会員のうちにチャンスタイムを活用、マッチングできたら有料会員に

タップルのチャンスタイムは無料会員のうちのほうがより多く発生する可能性があります。

男性は有料会員にならないと女性とのメッセージができません。そこでまずは無料会員のままチャンスタイムに参加し、気になる相手には「いいかも!」を送信しておきます。

チャンスタイムの中で見事マッチングできたら、そこから課金し、有料会員としてメッセージのやり取りをするというのがお得に使いこなす秘訣です。

チェックし放題だからといって油断しない

30分という限定された時間で、しかも30回「いいかも!」をするまで異性をチェックし放題になるチャンスタイム。限られた時間の中でできるだけ異性をたくさん見たい!という気持ちから、じっくりと確認せず、パッと見た印象で「イマイチ…」を選んで異性をスルーしてしまうこともあるかもしれません。

実はタップルは、一度「イマイチ…」をした相手は再度表示されることがない仕様になっています。よって、30分の中でもしっかりと異性を見極め、気になる相手に確実に「いいかも!」をつけるよう心がけましょう。

ただ、冷静に考えてみてください。

そもそもチャンスタイムという仕組みや、運営側から「この子どう?」と表示されるよりも、可愛い子や好みの子のプロフィールを見放題の方が良くないでしょうか?

タップルは好みでなくても、見ただけでカードが消費されます。正直、好みの子でない限り、見ても意味はないですよね。もし、プロフィールを見放題のマッチングアプリの方が良いのであれば、下記のwith(ウィズ)をおすすめします。

with(ウィズ)は同じマッチングアプリのPairs(ペアーズ)よりも無料でいいねを送れるイベントが多い他、心理テストでの相性診断など、タップルのようなゲーム感覚で楽しめる要素があります。

タップル同様、with(ウィズ)もゲームを開発・運営している会社が提供しているからでしょう。

with(ウィズ)

提供:株式会社イグニス
口コミ評価(4.1):

withの口コミ・評判

 

特徴
会員数:累計80万人以上
運営歴:約2年半(2016年3月リリース)
料金:女性無料/男性2,300円(6ヶ月プラン)

 

おすすめポイント
・心理学×統計学のゲームイベントで楽しく婚活できる
・いいねが無料で押せるイベントが多い

 

こんな人におすすめ
・20代半ばで婚活は始めたばかりの人
・楽しみながら婚活したい人

 

利用者層の特徴
男性:年齢若め
女性:年齢若め可愛い系

 

主な用途
恋活婚活
[center][afbtn class="raised main-bc strong red-bc"]with公式サイトへ[/afbtn][/center]

その他のマッチングアプリを検討してみたい、という方は下記を参考にしてください。

タップル誕生のチャンスタイムのまとめ

カードを使って異性を振り分けていくというゲーム感覚の楽しさで、異性との出会いを応援するタップル。チャンスタイムの発生はいつ起こるか分からないというドキドキ感があります。

いざ発生したら、30分しっかり使ってたくさんの異性をチェックするようにしましょう!

-タップル誕生
-

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.