出会い

ボルダリングコンに行ってきた!趣味コンは本当に出会えるの?出会いのコスパは良いの?

投稿日:


ボルダリングコンで趣味が一緒の男性と出会えたらいいな、と思ってるあなたへ。

最近、人口が増えてるボルダリング。そのボルダリングが趣味な人同士を集めて開かれるボルダリングコンに行ってきました!

「ボルダリングコンって実際どんなことするの?」
「ボルダリングしながら話せるの?初心者でも参加できる?」

などなど、「ボルダリング+合コン」というイメージがしづらいボルダリングコンですが、実際の体験談を記事にしました。

一緒にスポーツができる恋人がいたら長続きするだろうし、休みが待ち遠しいなぁと思う人は読んでみてください。

この記事を読むとわかること

[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]

  1. ボルダリングコンの概要や流れ
  2. ボルダリングコンで素敵な人に出会えるのか
  3. ボルダリングコンのコスパの良し悪し

[/list]

ボルダリングコンとは

趣味コンが様々ある中で、今密かに注目されているボルダリングコン。


ボルダリングコンは、各地のボルダリングジムで開催されています。屋内でできるので、雨の日でも開催可能。天候に左右されないのは嬉しいですね。

参加費は、男性が6,000~6,500円、女性は4,000円程度。募集年齢は、男女ともに20代から40代までというように幅広いです。

ボルダリングコンの流れ

次に、ボルダリングコンの流れについて見ていきましょう。

開催する会社によって若干異なりますが、大まかな流れは以下のようになります。

[timeline] [tl label='手順1' title='受付を済ませてから着替え'] 動きやすい服装で参加しましょう。ボルダリング中に邪魔にならないように、髪はまとめておくといいですよ。

また、ボルダリングシューズは無料で貸出されたり、参加費に含まれている場合もあります。もちろん、マイシューズを使ってもok! [/tl] [tl label='手順2' title='自己紹介タイム']ボルダリングコン 自己紹介
プロフィールカードを使いながら、1対1で自己紹介をしていきます。

[/tl] [tl label='手順3' title='ボルダリングについての説明'] 施設スタッフからボルダリングの説明を受けます。ルールが分からなくても、ここでレッスンを受けることができるので安心ですね。 [/tl] [tl label='手順4' title='ボルダリングタイム']ボルダリングコン 登る
ボルダリングは個人で行うスポーツだというイメージを持つ人が多いですが、ボルダリングコンはグループで楽しみます。

下記のような感じで、2人で登ったり、登ってる人を見てアドバイスをしたり応援したりしてグループで楽しむスポーツです。

 

ボルダリングコン グループ
グループ内で順番に登っていき、誰かが登っているときは「ガンバ!」とか「左のつま先を3番にひっかけて!」とか声掛けをするんです。そして、ゴールできたときはグータッチをして、みんなで一緒に喜び合います。

このちょっとしたスキンシップが仲を深めるきっかけになるかも。

ボルダリングコンは、1人で黙々と行うのではなく、和気あいあいとできる楽しい趣味コンなんです。グループは、定期的にシャッフルされるので、全ての参加男性と関わることができます。[/tl] [tl label='手順5' title='フリータイム'] ボルダリングコン フリータイム
気になる参加男性がいたら、積極的にアピールしたいところですね。私が参加した時は、みんな登るのとかそっちのけで、普通にマットのところに腰かけて話したりしてました。 [/tl] [tl label='手順6' title='カップリングタイム']ボルダリングコン カップリングタイムフリータイムやカップリングタイムは普通の婚活パーティーや街コンなどと一緒です。

私はカップリング成立ならずでしたが、女性の友達ができたので良しとしました。[/timeline]

私は取材も兼ねて行っているので割り切れましたが、正直、最初に分けられるグループによって差がありすぎる・・・。

もちろん、何回か席替えのように交代させられるのですが、ボルダリングって最後の方には疲れちゃうんですよ。ですので、最後の方に好みの人と一緒になっても、疲れちゃってあまり話せなかったり、ボルダリングしながら交流というのがちょっとしにくくなるんです。

他の趣味コン、例えばテニスコンとかだとコートの外にいる時間の方が長いので疲れないし、人数も多いのでコートに入る時間も少ないですが、ボルダリングコンは人数も多いわけではないので、すぐに登る順番がやってきます。

登らないと、「ほんとは趣味じゃないんじゃないの?」とか思われそうなので登ったりしてると、後半めっちゃ疲れる、なんてことも。

私はそれで、最後の方に好みの人がいましたが、全然話せずでした。

ボルダリングコンは初心者も参加できる

「ボルダリングは初めてだからちょっと心配…」「運動神経に自信がない…」という人が多いのではないでしょうか?でも、大丈夫。

ボルダリングは年齢問わず、初心者でもできるスポーツですし、ボルダリング前には施設スタッフからレッスンを受けるので安心して参加できちゃいます!

また、ボルダリングコンに参加する人の中には、ボルダリング初心者の人が大勢います。テニスやフットサルのようなメジャーなスポーツではないので、これから挑戦するといった人が必然的に多くなるんです。

ボルダリング 初心者

出典:婚活総合サービス 株式会社IBJ

調査結果を見ても、ボルダリングはこれから始めてみたいスポーツとして、テニスに続き2位となっています。それほど、ボルダリング人気が高まっていると言えますね!

ボルダリングコンは出会いのコスパ良いの?

それでは、ボルダリングコンは出会いのコスパがいいのでしょうか。出会いを求めている女性必見ですよ!

どういう人と出会えるの?

ボルダリングコンに参加するボルダリング未経験の男性は、好奇心旺盛で自信家な人かもしれません。なぜなら、ボルダリングはこれから注目されていくスポーツのひとつ。そこまでメジャーではないので、趣味コンとして参加するには少々ハードルが高いと感じる人が多いはず。

新しいことに挑戦することが好きな人、女性の前でも自信を持ってチャレンジできる男性と言えますね。

また、ボルダリングを趣味としている男性の場合は、ストイックで忍耐強い性格という傾向があります。ボルダリングは、ゴールに向かうという目的のために一心に取り組むスポーツ。登っているときは自分との闘いです。頑張った分だけ成果が出ますし、どんどん難しいコースにチャレンジすることができるので、向上心が高いとも言えます。

このようなタイプの男性と出会いたいなら、ボルダリングコンがおすすめかも!

何人くらいと出会えるの?

ボルダリングコンの参加者は、男女合わせて20人前後のことが多いようです。しかし、場合によっては全体で10人程度になったり、男女比が合わないことも。

女性に人気なので、女性の方が多いということも普通にあります。


メジャーなスポーツではないので、興味はあっても実際に参加するところまでいかないのかもしれません。

出会えた口コミは?

ボルダリングコンに参加した人の感想を見てみましょう。


ボルダリングコンに参加したことで、いい出会いに恵まれることがあるようですね。カップルになれたら、健康的な付き合いができそうです。

ボルダリングコンに参加するメリットって?

ボルダリングコンを他の趣味コンと比べた時のメリットは何と言っても下記の2つです。

[box class="box26" title="ボルダリングコンのメリット"]

  1. 共同作業だから自然と交流できる
  2. 上達を実感しやすいから純粋に楽しい

[/box]

例えば、テニスコンなどは一緒にラリーをしたとしても、かなり遠く離れてる状態で行いますし、ラリーしながら話すことなどできません。フットサルコンなども同じ。

カメラコンなどスポーツ系ではない趣味コンでも一緒に作業するというのはないでしょう。

対してボルダリングは、決められたルートに沿って登って行き、どうやって次に登るか、お互いにアドバイスをしたり、終わった後に意見を言い合うなど共同で1つのルートを登るイメージですので、必然的に会話も生まれやすいです。

また、テニスなどで同じ状況に同じような球が来て、打ち返せるようになった!という実感を得ることはあまりないでしょうし、短時間で上手くなるものでもありません。

ですが、ボルダリングは同じルートを登るということは、前ダメだったけど今回は登れた!という上達がわかりやすく、一緒に試行錯誤できる楽しさがあります。

この2つのメリットがボルダリングコン独自のメリットだと言えるでしょう。

ボルダリング繋がりの出会いを求める場合、社会人のボルダリングサークルに参加するのも良いでしょう。

ボルダリングコンで出会いを掴むコツ

ボルダリングコンで出会いを掴むコツは、積極性と協調性を持つことです。

ボルダリングはグループ内で順番に登っていきますよね。失敗すると、なんだか周囲が微妙な空気になることがあるようです。疲れてくるとなおさら、どんよりとした空気感に。これではカップル成立への道が遠くなりますよね。

ここで、笑顔で声掛けをすることが重要になってきます。失敗しても、笑顔で励ましてくれる存在って嬉しいんです。同じグループではなくても、案外男性は女性のことを観察しているもの。ニコニコと楽しく参加している女性の好感度が高くなるので、ぜひ試してみてくださいね。選ばれることが増えると、成功率もあがりますよ。

それから、積極性を持つこともカップリングするコツ。ボルダリング中もタイミングを見て、話しかけましょう。相手に自分を印象付けることが大切です。ただし、ボルダリング中は邪魔になるので控えましょうね。

ボルダリングコンは1回しかお互いに会いませんが、社会人サークルならば何度も継続して会うので、恋愛に発展することも多くなります。
[memo title="関連記事"]1.ボルダリングの社会人サークルに入ってみた!初心者でもOK?活動内容は?
2.社会人サークルに出会いはある?実際の体験談と出会えるサークルの探し方
[/memo]

ボルダリングコンの注意点

ボルダリングコンに参加するとき、いくつか注意したいことがあります。

まず、ボルダリングは短時間で体力を使うスポーツです。ダイエット効果があると期待され、体を引き締める目的で始める人が増えているほど。

体重50kgの人の消費カロリーを見てみましょう。

30分の消費カロリー
ジョギング 183.8kcal
スイミング 210kcal
ボルダリング 262.5kcal

引用:Vital Navi

ボルダリングは、スイミングよりも消費カロリーが高く、疲れやすいというデメリットがあるんです。あまりに疲れて、異性と会話する気になれなくなる人もいるようですよ。

ボルダリングをした次の日は、缶ジュースを飲むことに苦戦したというのは多くの初心者が経験してるはずです。

運動神経に自信がなくても挑戦することは可能ですが、体力を使うスポーツだということを忘れないようにしましょう。体力に自信がない人は、張り切りすぎないほうがよさそうです。

また、ボルダリングに夢中になってしまい、異性と会話するきっかけがなかったという人もいるようです。


さらに上のレベルに挑戦しようとして、自分勝手に行動してしまうのはNG。協調性は大切ですね。そうとはいえ、登っているときは自分の世界。一生懸命になりすぎて、周囲の声が聞こえなくなることは仕方がないのかも。

疲れるから何回も行けない

趣味コンの中には、2回3回と行って良い出会いと巡り合うというのも珍しくありません。

これは、大前提として何回も行けるほど気軽にできて、土日に行っても翌日疲れない趣味だからこそ。

ただ、ボルダリングはそこそこ疲れます。私は初心者だからか、さすがに2回目はいいかなぁと思いました。次の日、筋肉痛が凄かったですし。。。

また、施設を貸し切る&装備のレンタル代が含まれているので、参加費もそこそこ高め。私は2,980円での参加でしたが、男性の場合は4,000円は普通にします。

出会いのコスパ、という面だけで考えるとマッチングアプリの方がはるかにコスパは良く、ボルダリング好きのコミュニティに入ればボルダリングが好きな男性&女性と出会えるので、どっちみちボルダリングコンに行く意味はあまりないかなぁと正直思いました。

「私もマッチングアプリでいいかな」と思った方は、下記の記事でおすすめのマッチングアプリを紹介しているので参考にしてください。

[memo title="関連記事"]1.女性向けマッチングアプリおすすめランキング
2.男性向けマッチングアプリおすすめランキング
[/memo]

ボルダリングコンのまとめ

ボルダリングコンは出会えるきっかけのひとつ。実際に、出会えた!という人もいます。

しかし、ボルダリング自体がまだそこまでメジャーではないので、ボルダリングコンに参加する人数はあまり多くありません。そのため、出会いの幅が狭くなってしまうのがネックです。また、ボルダリングに夢中になりすぎて、参加者と仲良くなる機会を逃してしまったという人も。

ボルダリングコンは、そこまでコスパがいいというわけではないでしょう。ただし、ボルダリングは2020年の東京オリンピックの新種目に選ばれているので、これから注目されることが期待できるスポーツです。それに伴い、ボルダリングコンに参加してみたい!という人が増えてくるかもしれません。

-出会い

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.