婚活

LINEの頻度は付き合う前だとどれくらいが良い?社会人・男性・女性・婚活中で頻度は変わる?

投稿日:


付き合う前のLINEの頻度、どれくらいが良いのか・どれくらい多いと嫌われるのか知りたいあなたへ。

気になる人と付き合う前、LINEが来たりすると嬉しいですよね。

でも、1日何十回もLINEで連絡したりして相手は「面倒くさい・・・とか思ってないかな?」とか、「どれくらいのペースで送れば、がっついてるって思われないかな?」とか心配になることもありますよね。

そこで、今回の記事では、男女の脳の構造の違いなど科学的案根拠に基づき、付き合う前のLINE頻度についてどれくらいが最適なのか、を解説していきます。

なんか硬そうな記事ですが、ご心配なく。

気になる人との最適なLINEの頻度について悩んでる方は読み進めてください。

この記事を読むとわかること
  1. 付き合う前のLINE頻度について男女の考えの違い
  2. 付き合う前と後でLINEの頻度が変わる理由
  3. 付き合う前の社会人のLINE頻度
  4. 付き合う前の最適なLINE頻度

男性と女性の「付き合う前のLINE頻度」の違いを知る

・あまりLINEをくれない彼は、私に興味がないのかな?
・こんなにLINEを送ったら、彼に嫌われちゃうかな?

気になる男性とLINEをしているとき、やりとりの頻度を気にする女性は多いですよね。むしろ、「気になる男性とのLINEで、頻度を気にしたことはまったくありません!」なんて女性のほうが少ないのではないでしょうか。

女性は、付き合う前はもちろんですが、付き合ったあとも、彼のLINEの頻度に不安や不満を感じています。


対して、男性の意見に目を向けてみると、彼女と「ベストなLINE頻度」が異なることに、違和感や疲労を感じていることが。


どうして、男性と女性で、LINEの頻度に対する考え方に違いがあるのか。

その理由は、男性と女性、それぞれの「コミュニケーションの取り方」に秘密があります。

男性は「要件」、女性は「共感」を大切にする

実は、男女では、コミュニケーションに関する脳の構造が大きく異なります。

人間の脳には、「言語を司る機能」が備わっています。この機能を、女性は右脳と左脳の両方に持っており、男性は左脳にしか持っていません。

右脳の特徴は、イメージや感覚を操ることであり、左脳の特徴は、論理的思考を巡らせること。

右脳の部分にも、「言語を司る機能」を持っている女性は、イメージや感覚を言葉と結びつけることがとっても得意。だからこそ、女性は、自分の持っているイメージや感覚を言葉で表現し、他者と分かち合っていくようなコミュニケーションスタイルになりやすいです。

しかし、「言語を司る機能」を左脳にしか持っていない男性は、女性に比べ、イメージや感覚を言葉に結びつけることが苦手。そのため、男性のコミュニケーションスタイルは、イメージや感覚を省き、要件に重点を置いたものになりやすいのです。

参考:コミュニケーションにおける性差についての考察

[memo title="MEMO"]女性は「何となく彼と話したい・面白いことを共有する」とかでもコミュニケーションが取れるけど、男性はそれが不得意。[/memo]

「会っていないとき」のつながりを大切にするのは女性

インターネットの利用状況を見てみると、男性と女性では、LINEやSNSの使い方についても大きな違いがあることがわかります。

インターネット利用状況

出典:日本教育工学会論文誌

LINEの友だち数は、男女で差がありません。男性のほうが若干多いくらい。

しかし、LINEのグループ数は、女性のほうが多いですよね。トーク数に至っては、なんと、女性は男性の約3倍にも及びます。SNS利用時間も、女性は男性の約2倍。

ほかの項目を見ても、男性よりも女性のほうが、LINEやSNSを通じたコミュニケーションに、時間を割いている様子が伺えます。

LINEではガールズトークに華を咲かせ、SNSでは自身のことを投稿したり、周りの投稿に目を通したりして、お互いの状況をなんとなく把握する。

そんなふうに、女性は男性よりも、周囲と「会っていないとき」のつながりを大切にする傾向があるのです。

LINEの頻度が付き合う前より減ったけど大丈夫?

「付き合ってから、LINEの頻度が減ってしまった……」と悩む女性が多いですが、彼の気持ちを考えるときには、LINEの頻度よりも、デートの頻度に注目してみましょう。

マッチングアプリを運営するマッチアラーム株式会社が行なったアンケート調査によると、「1週間に1度以上恋人に会いたい」と回答した男性の割合は、約8割にものぼりました。

恋人とはどれくらいの頻度で会いたいか

出典:マッチアラーム

好きな人とは頻繁に会いたがる男性心理を考えると、LINEの頻度よりも、デートに誘ってくる頻度や、実際にデートをする頻度に注目をしたほうがいいことがわかりますよね。

彼からのLINEの頻度が減ったうえに、デートの頻度も減ったという場合は、黄色信号。彼の気持ちが離れてしまう前に、なにかしら手を打つことをおすすめします。

付き合ってからLINEの頻度が減るのは、「頑張らなくていい」から

いままでのデータから、「男性のLINEの頻度=好意の指標」ではないことがよくわかりました。

とはいっても、付き合う前はひっきりなしにLINEをくれていた彼が、いまは全然LINEをくれないとなると、不安を覚えますよね。

彼からのLINEの頻度が減るのは、なぜなのでしょうか。

それは、もともとLINEを頻繁にするタイプではない彼が、付き合う前は女性の気を引くために「頑張っていた」からだと考えられます。晴れて恋人関係になり、女性の気持ちが自分に向いている安心感から、LINEの頻度が通常のペースに戻っただけなのです。

[list class="list-raw"]

  • 「付き合う前は1日30通くれていたのに、付き合ってからは1日5通に減った!」
  • 「普通にデートはしているけれど、前よりもLINEが減った……」

[/list]

そんな場合は、彼が「安心しているだけ」と考えて、気にしすぎないようにしましょう。

社会人の付き合う前のLINE頻度

男性は、学生と社会人でも、LINEの頻度に変化があります。

というのも、男性の場合、学生よりも社会人のほうが、スマホの利用時間が短くなる傾向があるからです。スマホ利用時間が短くなれば、自然と、LINEに触れる時間も短くなりますよね。

MMD研究所の「スマートフォンの利用実態調査」における、10代と20代の結果に注目してみてください。

スマートフォンの利用実態調査

出典:MMD研究所

女性は10代も20代も、スマホ利用時間が4時間を超える人の割合は、約50%です。けれど、男性は、10代が約43%、20代が約35%で、10%近くも減少。

20代といえば、多くの人が学生から社会人になるタイミング。

この結果から、男性は、社会人になると、学生のころよりもスマホ利用時間が短くなっていることがわかります。

婚活中の男女の付き合う前の最適なLINE頻度

婚活中には、相手の男性に少しでもいい印象を持ってもらいたいですよね。

男女で、「LINEの頻度」に関する価値観が異なるからこそ、婚活中に男性から好印象を持ってもらうためには、LINEの頻度に気を配ることが非常に大切。

しかし、「男性にとってベストなLINEの頻度って、結局どのくらいなの!?」と頭を悩ませる婚活女子も多いはず。

相手とテンポを合わせることが重要

婚活中、相手の男性とのLINEのやりとりで重要なのが、相手とテンポを合わせること。

相手からの返信が来ていないのに、自分から何通もLINEを送りまくるなんてことは絶対にNG。相手から嫌われてしまっても文句は言えません。

また、返信のペースが早すぎると、相手にプレッシャーを与えてしまうことがあります。


LINEが来たことが嬉しく、早く返信をしたくなる気持ちはわかりますが、相手は引いてしまう可能性も。相手は3時間に1通のペースなのに、自分は1分以内に返信するなどはやめましょう。

逆に、返信のペースが遅すぎると、相手のテンションを下げてしまうこともあるので、注意が必要。


遅すぎる返信は、「この人は自分に興味がないのかな?」と思わせてしまう要因になります。相手は1時間に1通のペースなのに、自分は1日に1通などで返すなどはしないように気をつけてくださいね。

無理をする必要はありませんが、可能な範囲で相手の返信速度と、自分の返信速度を合わせることで、相手に「この人とはペースや気が合うな」と感じさせることができるはずですよ。

LINEの頻度が合う人と付き合いたいなら

でも、どうしてもLINEとかって自分のペースで連絡したいし、そもそも今後長く付き合っていけばペースが合わないってわかっちゃうから、付き合う前まで隠してても仕方ないし・・・と思うこともありますよね。

それならば、LINEの頻度や連絡の価値観が合う人と付き合うしかないです。

付き合った後、ストレスが溜まるような恋愛はしたくない人もいるでしょう。そんな連絡やコミュニケーションの価値観が合う人と付き合うには、以下のような婚活方法がおすすめです。

[box class="box26" title="連絡の価値観が合う人と付き合うには"]

  • そもそも会う前に連絡の頻度を確認する
  • 同時進行で婚活して価値観を比較する

[/box]

婚活中の同時進行 は付き合う前までならば当たり前ですが、この期間中に相手とコミュニケーションの価値観が合うかどうかを見極めなければいけません。

ただ、婚活の同時進行ってけっこう時間もとられるし、面倒くさいですよね。

できれば、相手と会う前にコミュニケーションの価値観が合うかどうかくらいは見極めて、合わなければやめとくくらいの時間の節約をしたいものです。でないと、会わなくてもいい人に会っている間に、本当に素敵な方と出会うための機会が失われてしまうことにもなりますから。

このコミュニケーションの価値観が合うかどうかを事前に確認できる婚活手段はマッチングアプリが1番最適でしょう。結婚相談所や婚活パーティーなどはこの点では論外だと思います。

それに、マッチングアプリならば女性はほとんど無料ですし、相手を探す手間もないので同時進行もしやすいはずです。

そこで、おすすめのマッチングアプリは下記の3つです。

ブライダルネットだけ女性も有料ですが、結婚相談所が運営しているマッチングアプリなので真剣な男性陣が登録している点では定評があります。ただ、マッチングアプリが初めてという人は日本で1番登録者数が多いPairs(ペアーズ)に登録しておけば間違いはないでしょう。

理由としては、登録人数が多いだけに、ほぼ確実に異性と出会えるからです。

おすすめのマッチングアプリ


Pairs(ペアーズ)・・・真剣な婚活
ブライダルネット・・・結婚相談所が運営
with(ウィズ)・・・年齢若め
[kanren id="2814"]
[kanren id="2872"]

付き合う前のLINE頻度のまとめ

付き合う前のLINE頻度については男性と女性で脳の構造の違いから、コミュニケーションに求めるものが違うことがわかりました。

男性は要件を、女性は共感を相手に求めます。この求めることの違いがLINEをはじめとしたコミュニケーションの頻度の違いにあらわれるわけです。

婚活中、相手と距離を縮めたい場合には、相手の連絡頻度やペースに合わせると「価値観が合うな」と思ってもらえる場合がありますが、付き合った後にストレスが継続的に溜まってしまいますし、付き合った後はどうしてもバレてしまいます。

それならば、最初からコミュニケーションに関する価値観が合う相手と付き合うしかありません。

ただ、婚活中の同時進行で相手と価値観が合うかどうかを見極めるのはけっこう面倒なことです。

よって、マッチングアプリなど気軽に同時進行ができて、合う前にコミュニケーションの価値観が合うかどうかが把握できる婚活手段がおすすめです。

また、マッチングアプリがはじめての人はPairs(ペアーズ)に登録しておけばまず間違いはありません。

-婚活
-

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.