恋愛

商社マンとの恋愛ってどんな感じ?商社マンの恋愛傾向や付き合うメリット・デメリットまとめ

投稿日:


商社マンの恋愛傾向や付き合うメリット、上手に付き合うためにはどうすればいいか知りたいあなたへ。

商社マンと言えばサラリーマンの中でもエリートで、婚活・恋活中の女子にとっては狙いたい職業ですよね。

でも、実際に彼らと付き合うとどんな恋愛が待っているのでしょうか?

「なんか忙しそうだけど、結婚したら海外に住んだりできそうだし、かっこいい!」

こんな感じの恋愛・結婚後を想像していませんか?

では、実際に商社マンと恋愛関係になるとどんな付き合いが待っているのか、知りたい方は読み進めてください。

この記事を読むとわかること
  1. 商社マンの恋愛傾向
  2. 商社マンと付き合う3つのメリット
  3. 商社マンと付き合う3つのデメリット
  4. 商社マンと恋愛関係になるための方法

商社マンとの恋愛・商社マンの恋愛傾向

商社マンとの恋愛は、一般的なサラリーマンとの恋愛と全然違います。

ここでは商社マンとの恋愛の特徴を、4種類紹介していきます。

仕事中心の恋愛になることは我慢!

商社マンは、仕事中心で生活しています。その理由は、自分の采配で仕事をすることが難しいからです。

特に総合商社であれば、海外の企業と取引することが多いです。海外とは時差があるため、メールの返事を待つのに時間がかかったり、オンラインミーティングを開始する時刻が遅くなったりします。それらに対応するためにはプライベートの時間を削る必要があり、仕事中心の生活を送らざるをえなくなります。

また、仕入元や顧客と飲みに行ったり、接待やゴルフに付き合ったりすることも商社マンの大事な仕事のひとつです。長期的に取引先と関係を築いていく必要があるからです。休みの日はそういったことに充てるため、必然的に仕事中心の毎日になってしまいます。

商社マンに見合うように、日々女磨き

商社マンと付き合うためには、女磨きをする必要があります。その理由は、商社マンが女性からモテるためです。

マッチングアプリ、婚活パーティー、合コン・街コン等、いずれの方法でも、商社マンという職業は女性から人気です。その中で自分を選んでもらうためには、他の女性よりも女磨きに力を入れる必要があります。

また、交際が決まったあとも、女磨きに手を抜いてはいけません。彼女がいようがいまいが、商社マンは職業自体がモテるため、女性から言い寄られる確率は、他の職業よりも圧倒的に多いです。女磨きに手を抜いてしまうと、他の女性に奪われてしまう可能性があります。そうならないように、日々、女磨きを続けていきましょう。

モテる商社マンにやきもきする毎日

商社マンは、上記したように飲み会や出張、接待、海外赴任等が非常に多い職業です。そういった仕事が増えると、必然的に関わってくる人間も多くなります。男性が多い世界ではありますが、もちろんその中には女性も含まれています。

当然ですが、そういったところで知り合った女性は、仕事相手にしか過ぎません。しかし、仕事上の関係だからといって、女性と接点を持つことを快く思わない女性も多いことでしょう。商社マンと付き合っていくためには、そういった商社マンの仕事を理解する必要と、広い心を持たなければなりません。

結婚につなげるには地道なアプローチ

一般的に、商社マンは結婚が早いと言われています。その理由は、独身のままだと、海外転勤の可能性があるからです。既婚者と独身では、独身のほうが、海外転勤を言い渡される確率が非常に高いです。逆に言えば、結婚していれば、海外転勤を言い渡される確率は低くなります。したがって、一般的に商社マンは結婚を急ぐのです。

ただし、だからといって、楽観的に構えていてはいけません。商社マンは女性からモテるため、楽観的に考えていると、別の女性に奪われてしまう可能性があります。だからといって急かしすぎても、仕事に支障をきたしかねません。楽観的に考えすぎず急かしすぎず、地道にアプローチしていきましょう。

商社マンと付き合う3つのメリット

商社マンと付き合うことになれば、さまざまなメリットがあります。ここでは商社マンと付き合うメリットを3つ紹介します!

①グレードの高い生活を送れる

商社マンは、グレードの高い生活を送っている方が多いです。その理由は、グレードの高さが、仕事につながる可能性もあるからです。

商社マンは、商談が非常に多い職業です。商談は、当然ですが人と人とで行われるため、小ぎれいな服装やファッションが求められます。取引先の中には、腕時計や身に付けているもののグレードを判断材料にする方もいます。とくに近年、商社は投資事業に力を入れているため、他企業と競合することは避けられません。取引先から一目置かれるためには、一流のブランドを身に付けたり、グレードの高い生活を送ることで価値観を磨いたりすることが求められているのです。

したがって、商社マンは、グレードの高い生活を送っている方が多いです。付き合っていくと、一般的なサラリーマンとの金銭感覚や、モノを見る目の違いに驚くかもしれません。

②新しい世界が広がる

商社マンと恋愛することで、新しい世界が広がる可能性があります。一般的な企業と違い、商社はあらゆる商品を取り扱っており、その下で働く商社マンにも、あらゆる商品についての知識が求められるからです。

さらに、商社マンは、一般的なサラリーマンよりもはるかに多い人間と関わりがあります。なぜなら扱っている商品が多く、事業内容も多岐に渡るため、取引先も多いからです。商社マンと付き合っていくと、さまざまな業界についての知識や人脈に驚くことでしょう。

③気配りがうまく、安心感に包まれる

商社マンと恋愛することで、安心感に包まれます。商社マンは上記したように、顧客と良好な関係を築くために、日々コミュニケーション能力を磨いています。相手の求めているもの、必要としているものを、瞬時に理解しなくてはならないからです。

そういった能力を日々磨いているため、気配りが非常に上手なのが商社マンの特徴です。もちろんそれは恋愛面でも同じです。そのため、一般的なサラリーマンと一緒にいるよりも、遥かに安心できる毎日を過ごせます。

商社マンと付き合う3つのデメリット

もちろん商社マンとの恋愛は、メリットばかりではありません。次に、デメリットを3つ紹介します。

①相手の浮気は常にチェックする必要がある

商社マンに対しては、浮気は常にチェックする必要があります。その理由は2つあります。

1つは、商社マンという職業が、女性から非常に人気があるという点です。商社マンは女性から人気があるため、一般的なサラリーマンよりモテます。女性のほうから言い寄られることも多いため、浮気は必ずチェックするようにしましょう。

もう1つは、人と会う機会が多いという点です。商社での仕事は人間関係が大事です。また、既存顧客との仕事が中心といっても、近年、資源のトレード事業から、M&A等の出資事業にビジネスモデルの転換を図っています。そのため新しく人と会う機会も多く、その中には女性が含まれている可能性もあります。たとえば化粧品や美容の業界と取引することになれば、相手は女性であることがほとんどでしょう。仕事上の付き合いとはいえ、浮気に発展しないとは限りません。必ずチェックするようにしましょう。

②仕事の都合によってはドタキャンも頻繁に

商社マンと付き合っていく上で、ドタキャンは避けられません。商社マンは、仕事を自分でコントロールすることが難しいからです。

特に総合商社に勤務している商社マンは、海外の企業と取引することが多いです。仕入元に仕入れ値の見積もりを依頼するだけでも、時差のせいで非常に時間がかかる場合があります。それが顧客からの緊急の依頼だった場合、予定していた記念日やイベントをドタキャンして、そちらに対応する必要があります。

商社マンと付き合っていくためには、ドタキャンを受け入れる広い心が必要になるでしょう。

③出張で長期間会えなくなることも

商社マンは、出張が多い職業です。その理由は、取引先が多いからです。

商社が取り扱っている商品は、前述のとおりさまざまです。そのため、取引先は国内外問わずあらゆるところに存在します。総合商社に勤務している商社マンは、1ヶ月に1回海外の取引先に商談やリサーチで訪問している方もいます。また、既存顧客だけを相手にしているわけではないため、販路や取引先が増えれば、それにともなって現地でのマーケティングや関連会社とのミーティングも多くなり、必然的に出張も増えます。

商社マンと付き合っていくためには、長期間会えないことも覚悟しておきましょう。

商社マンと恋愛関係になる方法

まだ商社マンと恋愛関係・付き合っていない、という人は、まずは商社マンと出会うところから。

先述したように、大学時代の友人・知人のツテなどがないと、普段はあまり接点がないから出会うことは難しいはずです。

彼らもその多忙さから、新卒2年目くらいまでは合コンとかに行って遊んでいますが、その後は出会い探しに割く時間もないくらい忙しくなります。

よって、時間がなくても気軽・手軽にできる婚活・恋活としてマッチングアプリを使っている商社マンは非常に多いです。通勤中や移動中にやり取りできますし、複数人同時進行するのが当たり前なので、予定が合わせづらい商社マンでもデートの都合がつく女性が見つかりやすいからです。

もちろん、効率は悪いですが、合コンや婚活パーティー、紹介などでも商社マンと出会うことは可能です。ただ、お金がかかる割にはコスパが悪いと断言できます。

対してマッチングアプリは女性は無料(中には有料のものもあります)なので、コスパという面においては右に出る婚活・恋活手段はありません。

ただ、マッチングアプリはアプリによってあなたとの相性が全然変わるはずです。なぜなら、広告を出している雑誌やTV番組などがアプリの会社によって異なるからです。

例えば、〇〇系の女性が見ている雑誌やTVに広告を出しているアプリには〇〇系の女性が多く、そういった女性が好きな男性が集まる、という具合にです。

過去にマッチングアプリを使っていて、あまり出会えなかった、という方は相性が悪かっただけかもしれません。自分に合うものを下記を参考に選んでみてください。

おすすめのマッチングアプリ


おすすめの3つのマッチングアプリ
Pairs(ペアーズ)・・・真剣な婚活
ブライダルネット・・・結婚相談所が運営
with(ウィズ)・・・年齢若め
[kanren id="2814"]

商社マンの恋愛まとめ

商社マンと付き合うメリットは非常に大きい反面、彼らはモテるため、心配になってしまうことも。

基本的に30歳までに結婚したい、という商社マンが多いため、25~28歳あたりの商社マンはかなり狙い目です。

ただ、あまり婚活・恋活市場に出ることはないですし、大学時代からの繋がりなどがないと出会うのは難しいでしょう。それに、25歳以上になると彼ら自身も多忙を極めてくるため、時間がかからない手軽な出会いを求めるようになってきます。

マッチングアプリは気軽・手軽な婚活・恋活手段として最適なツールですので、女性は無料であるため使っていないのは非常に損をしています。

おすすめのマッチングアプリは下記でも紹介しているので、参考にしてください。

-恋愛
-,

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.