恋愛

外国人とのLINE頻度はどれくらいが正解?外国人の連絡の価値観から解説

更新日:

外国人の男性とのLINE頻度やLINEの価値観が合わないと悩んでるあなたへ。

[box class="box23"]
「外国人のLINEめっちゃしつこい」
「LINEで想い伝えすぎ・・・」
「LINEの頻度が合わないなぁ」
[/box]

外国人の彼氏や男性とは恋愛の価値観が違うので、当然LINEの連絡頻度や内容も日本人とは違ってきます。

最初は、「外国人の男性とのLINEの頻度が合わなくても日本人じゃないし仕方ないか」と思っていても、いざ付き合って恋人関係になると、連絡の価値観が違うとストレスになってしまい、上手くいかなくなることもあります。

今回の記事ではそうならないために、下記について解説していきます。

・外国人とのLINEの頻度はどれくらいが正解なのか
・彼らの恋人に対する連絡の価値観

せっかく外国人のイケメン男性と出会ったんだから、恋愛を成就させたいという女性は読み進めてください。

この記事を読むとわかること

[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]

  1. 外国人とのLINE頻度
  2. 外国人の恋愛観・結婚観
  3. 外国人の連絡に対する価値観
  4. 外国人とLINE頻度が合わない時の対策

[/list]

外国人の男性とまだ出会えてない、という女性は下記の記事を参考にして早めに恋人候補を見つけちゃいましょう!

関連記事

外国人と出会えるマッチングアプリ10選
[kanren id="6381"]
[/memo]

外国人の彼とLINEの頻度が合わない!日本人とは価値観が違うの?

外国人の彼とLINEなどで連絡を取り合うなかで、「しつこいなあ……」「全然連絡くれない!」などと、LINEの連絡頻度に関する違和感を覚える女性は多いです。


外国人の彼と、LINEの連絡頻度の価値観が合わないとき、こんな風に考えたことはありませんか。

「外国人は恋愛に積極的だから、連絡もしつこくなるんだ」
「外国人は熱しやすく冷めやすいから、気持ちが冷めて、LINEが来なくなるんじゃないか」

でも、多くの日本人が外国人に対して抱いているイメージは、本当に正しいのでしょうか。

外国人は、日本人よりも恋愛に積極的

内閣府が行なった国際意識調査によると、恋愛に対する考え方の回答から、日本人よりも、外国人のほうが恋愛に積極的な傾向が見られました。

内閣府 国際意識調査

出典:平成27年度少子化社会に関する国際意識調査報告書/内閣府

フランス、スウェーデンは、「交際をすることで人生が豊かになる」と回答した人の割合が、日本よりもかなり高い結果に。

同項目について、イギリスは、約44%と、日本と同じくらいの割合でしたが、ほかの項目を見てみると、「いつも恋愛をしていたい」と考える人の割合が、日本の約3倍。さらに、ほかの国も日本より高い割合であることから、外国人は、日本人よりも、恋愛に対する欲求が強い様子が伺えます。

反対に、日本がほかの国よりも高い割合になっている項目は、「恋愛よりも勉強や仕事を優先したい」「恋愛よりも趣味を優先したい」「相手からアプローチがあれば考える」といった、恋愛に消極的な意見に関する部分でした。

恋愛に対する積極性が大きく異なるため、日本人は、外国人からのLINEの連絡が「多い」「しつこい」と感じてしまうのでしょう。

外国人はパートナーに対して「性的魅力」を求める

別の年の内閣府による国際調査では、日本人と外国人では、性に関する価値観に差があることもわかりました。

「結婚生活や同棲生活をうまくやっていく上で大切なこと」という設問で、日本と韓国以外の国は、性的魅力を保ち続けていることを大切と考える意見が多かったのです。

外国人 結婚後

出典:平成27年度少子化社会に関する国際意識調査報告書/内閣府

この結果からわかるのは、外国人は、異性に対して性的な魅力を強く求めているということ。性的な魅力を感じることができるか否かで、パートナーを選ぶのではないかとも考えられます。

出会ったばかりの外国人から、肉体関係を迫られ、「身体目的!?」と引いてしまった経験がある女性は少なくないはず。


お付き合いをしてから肉体関係を持つことが一般的な流れである日本人からすると、早い段階から肉体関係を求められると、身体目的なのではないかと感じてしまいますよね。ですが、性的な魅力を重視している外国人からすると、身体の相性は、お付き合いをするために重要な判断基準のひとつなのです。

出会って間もないうちに肉体関係を求められたからといって、「私とのことは遊びなんだ!」と決めつけないようにしましょう。

外国人は、日本人よりも結婚願望がない

日本人と外国人で大きく価値観が異なるのは、恋愛や交際に関することだけではありません。

以下は、内閣府国際調査の結婚に関する意識調査の結果です。ほとんどの国が、「結婚をするべきだ」「結婚はしたほうがよい」と回答した人の割合が、日本よりも低い数値になりました。

外国人 結婚観

出典:平成27年度少子化社会に関する国際意識調査報告書/内閣府

結婚に意欲的な人の割合が日本よりも多かったのは、韓国のみ。

日本の次に結婚に意欲的な人が多いのはアメリカでしたが、アメリカと日本の数値には、約10%もの差があります。

外国人は、恋愛に対して積極的な考えを持っているのに、日本人よりも結婚願望が薄いというのは、不思議に感じられますよね。

日本人と外国人で、結婚に対する意欲に差があるのは、制度の違いも関係していると考えられます。

結婚に意欲的な人の割合が特に低かったフランスとスウェーデンでは、事実婚でも、婚姻関係と同様の待遇を受けることが可能だからです。こうした制度の違いもあり、外国人は、日本人よりも結婚に対するこだわりが薄いのでしょう。

以下の記事では、フランス人とスウェーデン人の結婚に対する意識について詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。
[kanren id="5191"]
[kanren id="1842"]

外国人は日本人よりもパートナーとの付き合い方がフランク

パートナーとの付き合い方が、日本よりフランクなのも、外国の特徴と言えます。

以下の調査結果では、日本と韓国を除き、「結婚はしていないが同棲はしている」「離婚または死別した」の割合が高くなっています。

外国人 付き合い方

出典:平成27年度少子化社会に関する国際意識調査報告書/内閣府

韓国以外の外国では、恋人と同棲することや、別れることに対しての価値観が、日本ほど重たくない様子が見えます。

一緒に居たいと感じたら、付き合ってから日が浅くても同棲を始め、一緒にいることがお互いの人生のためにならないと感じれば、きっぱりと別れを決断する。年月や形式に捉われず、自由な発想で、パートナーとお付き合いをしているのでしょう。


年月や形式を重んじてパートナーとお付き合いをする傾向のある日本人の目には、外国人の自由な発想は、「熱しやすく冷めやすい」という風に映るのかもしれません。

また、恋愛や結婚に関する意識調査の結果から、外国のなかでも、韓国は、日本とかなり近い感覚を持っているようで、相性が良いのかもしれません。

韓国人男性の恋愛観や日本人女性との相性について知りたい方は下記の記事を参考にしてください。
[kanren id="2694"]

外国人の彼には、どのくらいの頻度でLINEするのが正解?

今までの結果から、韓国以外の外国では、「恋愛は、人生を豊かにするためのひとつの要素」という考えが強いこと。だからこそ、結婚にこだわらず、自分とパートナーが最良の人生を歩むことを重視していることが判明しました。

恋愛を心から楽しんでいるから、連絡の頻度が多くなったり。恋愛を心から楽しむために、自分のペースを大切にしているから、連絡不精になったり。すべては、恋愛に本気だからこその行動。

なので、LINEの頻度だけで、外国人の気持ちを推し量ったり、不安になったりせず、遠距離でも近距離でも、相手のペースを尊重しながら連絡を取り合うのがベスト。

外国人の彼のLINE頻度が少ないからといって、相手のペースを無視して、何度もLINEをしてはいけません。「自分のペースを崩してまでする恋愛は、自分の人生を豊かにできないのでは?」と感じられてしまうかもしれません。

また、LINEをマメにくれる外国人に対しては、自分もなるべくマメにLINEできるよう努力することが大切です。あまりにもLINEを返さないと、「寂しいな。楽しくないな。」と思われてしまう可能性があります。

相手のペースに合わせてLINEをするのが辛い時の対処法

相手のペースに合わせてLINEをするのが最適とはわかっていても、少なすぎる連絡や、多すぎる連絡に、辛くなってしまうこともあるはず。

そんなときは、我慢しすぎたり、嘘をついて誤魔化したりせず、一度、真面目に話し合いをしてみてください。

調査によると、パートナーと円満に過ごすためには、相手に対して誠実であることが一番大切だと考える外国人の割合は、かなり高いです。

外国人 結婚後

出典:平成27年度少子化社会に関する国際意識調査報告書/内閣府

そのため、あなたとの交際を真面目に考えている人であれば、誠実な態度で話し合いに応じてくれるはずですよ。

逆に、あなたが我慢したり、誤魔化したりしていると、「誠実に向き合ってくれていないな。この先、うまくやっていけるのだろうか。」と思われてしまう可能性が高いので、注意しましょう。

外国人の彼とLINEの連絡頻度だけが合わないときには、同棲もひとつの手段

LINEなどの連絡頻度の価値観が合わず、話し合いをしても改善されない。でも、LINE頻度以外は相性バッチリ……なんてときには、同棲もひとつの手段として検討してみることをおすすめします。

内閣府では、結婚や離婚、同棲の経験がある人に対して、「初めて同棲をしたのは何歳のとき?」という調査を行いました。すると、日本と韓国以外の国では、ほとんどの人が、若いうちから同棲を経験していたのです。

外国人 同棲

出典:平成27年度少子化社会に関する国際意識調査報告書/内閣府

日本では、「結婚をしてから、あるいは結婚の予定が立ってから一緒に住む」なんて考え方が強く根付いていますよね。しかし、外国では、「同棲をしてから結婚を考える」流れが一般的であることがよくわかります。

外国人には、同棲と結婚がセットであるという考えはあまりないので、「同棲したら、結婚しなければいけないかも」「結婚の話も出ていないのに、同棲を提案してもいいのかな」なんて心配は不要です。

同棲をすることで、連絡が少なくても気にならなくなったり、連絡頻度が高すぎる相手も落ち着くかもしれませんよ。

どうしても外国人とのLINE頻度や連絡の価値観が合わない場合

話し合ったりしてLINEの頻度についてどうしても価値観が合わない!このままじゃストレスが超貯まる!という場合は、韓国人の男性とは相性が良いので、いっそのこと韓国人男性との出会いを探してみるのも悪くないかもしれません。

これまでの内閣府の統計データでも、韓国人とは恋愛観や結婚観が似ていることがわかったと思います。

「でも、韓国人男性との出会い方なんて知らないし、そもそも韓国語話せないし・・・」

という方も安心してください。

日本国内に在住で、日本語を話せて価値観が合う韓国人男性との出会い方や、韓国人男性との付き合い方について下記の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。
[kanren id="2440"]
[kanren id="2679"]

外国人のLINE頻度まとめ

外国人のLINE頻度に関して、外国人の恋愛観や結婚観から解説をしました。

基本的に外国人は日本人と恋愛観が多少なりとも異なるので、当然LINEの頻度だけでなく内容なんかも変わってくるはずです。

もし、どうしてもLINEの頻度が合わない、という場合は相手と話し合ってみましょう。以心伝心がある日本とは異なり、話し合うことに慣れている外国人は、話し合いに応じてくれる可能性は高いです。

お互いのわだかまりを解決し、人生を豊かにする彼との恋愛を楽しみましょう。

-恋愛

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.