恋愛

夜中の電話の男性心理20選!寝る前の深夜の電話は何が目的!?どう反応すればいいの?

更新日:


夜中の男性からの電話は、迷惑なものからキュンっとするものまでさまざま

夜、寝ようと思って布団に入ったらいきなり電話が。

・あれ、酔っぱらってる?
・今話す必要なくない?

何か緊急なことかな?と思って男性からの電話をとってみると、どうでもいいようなことを話す男性っていますよね。

でも、実は彼らはちゃんとした考えや目的があって電話をかけています。

もちろん、それをストレートに言ってこないからわかりにくいのですが。

今回の記事では、心理学などをベースに、夜中に電話をかけてくる男性の心理を20通り紹介します。

今後の対応の仕方の参考にしてください。

夜中の電話の男性心理20選

夜中にLINEなどで電話をしてくる男性って何を考えてるのか。

ここでは、怖いものもあれば、「なんだぁ」と思うものまで、20個紹介していきます。

①ただ話をしたい


男性は基本、女性と話すことが大好きです。

夜中だからと言っても関係ありません。ただ純粋に話をしたいと考えている男性は多くいます。

これは男性が女性に対して、好きという感情を持っている場合があります。

ただ純粋に話をしたいという気持ちを受け取って、男性の心理を汲み取ってあげるといいですね。

②飲み会のノリ


電話をかけてきた男性が、周りからの男友達からかけるようにそそのかされた場合があります。

お酒が入っているので、女性からしたら迷惑しかないですよね。

特にノリで電話をしただけになっているので、特に好きという感情もないでしょう。

ただ女性に電話をかける際には信用できる人に電話をかけないので、あなたのことを気にしている証拠にはなりますね。

③何気なく電話をかけたくなった


何気なく電話って女性からしてもかけたくなる時がありませんか?

男性も同じで何気なく「電話をかけたい」って感じてしまう時があります。

ただ誰でもいいというわけではないので、女性に電話をかけるということは、少しでも楽しく話をできる人を選んでいることでしょう。

友達以上の関係は間違いないので、あとは電話をなぜかけてきたのかを聞いたら、男性の本音が聞けるでしょう。

④人肌恋しい


男性は少しでも人肌恋しくなると、女性のことを想像してしまいます。

電話をかけて話をすることで気を紛らわすことがあります。

ただ電話をしていて、少しでもエッチな話になってしまうと男性は体の関係を求めている証拠となってしまいます。

もししつこく電話をかけてくるようだったら、気にせずすぐに電話を切るようにするとよいでしょう。

⑤女性と付き合いたい


女性と付き合いたくて、覚悟を決めて電話をかけてくる場合があります。

しかしなかなか勇気が出ずに、夜中になってしまったというケースになります。

女性側は事情が分かりませんが、男性側は必至です。

少しでも付きあいたいという思いが電話で伝わってきたら、話を最後まで聞いてあげて返答をしてあげるといいですね。

⑥1人でほろ酔い状態


男性は1人でお酒を飲んでいると、寂しくなってきて誰かと話をしたいと考えるようになります。

ただ男性に電話をしても何も楽しくないと考えてしまうんですね。

そこで友達以上恋人未満の女性や恋人に電話をかけたくなってしまいます。

酔った状態で電話がかかってきたら、間違いなく友達以上の存在です。

もしかしたら酔った状態なので、普段見ない男性の新しい姿を見ることができるかもしれませんね。

⑦下心がある


夜中に電話をかけてくる男性の半分ぐらいは、下心をもっていると考えてもいいでしょう。

相手に迷惑をかけることをまったく考えず、自分の性欲のことしか考えていません。

こういう男性は何を言っても女性と体の関係を持ちたいとしか考えていません。

話をするだけ無駄なので、特に体の関係をもちたくないのであればすぐに電話を切ってしまいましょう。

⑧声が聞きたい


女性の声をききたいがために電話をかけてくる男性もいます。

好きという感情が入っていますが、逆にストーカー気質になる男性もいるので注意が必要です。

声が聞きたいという感情は、好意を寄せている証拠となります。

男性との関係性を考えて慎重に電話のやり取りをしていきましょう。

⑧心配している


例えば夜中に女性が帰ることになった場合、それを知っている男性はちゃんと帰れたか心配します。

付き合っている付き合っていない関係なく、紳士な男性ほど女性を心配してくれますよね。

特に好きという感情はないでしょうが、本気で心配してくれているともとることができます。

何度も同じことが繰り返されると、男性側にも好意がある証拠となるでしょう。

お互いの関係性が大事になってきますね。

⑨今何しているかを知りたい


男性はふと何もすることがなくなってくると、気になる女性が同じ時間に何をしているかを考えるようになります。

これは「好きな人」が何をしているか、という感情とも言えますね。

ただ男性本人が女性のことを好きと気づいていない場合もあります。

なんとなく知りたいと思った時点で「好き」という感情を持っています。

男性が女性にアプローチをかけてくるのも時間の問題でしょう。

⑩寂しい


ただ寂しい気持ちになってきて、女性に電話をかけてくる男性がいます。

この場合だと、少しでも寂しさを紛らわすために信用できる人に電話をかけていることがほとんどです。

男性の特徴として、寂しいときは頼りになる人にしか電話をかけません。

まずは相手の寂しいという気持ちに共感しながら、相手の寂しい気持ちをなくしてあげると好意を寄せる確率が大きく上がることでしょう。

⑪一緒の時間を共有したい


男性は夜中に起きていると、一人でいるより誰かと一緒の時間を共有したいと感じるようになります。

例えば一緒にテレビを見たり、ゲームをしたりしたいと考えるようになりますね。

「離れているけど、今目の前でしていることは同じだよ。」ということを感じたいのです。

男性との関係性によりますが、これで男性は満足をします。

⑫相手の予定を聞きたい


単純に女性の予定を急いで聞きたいがために、急に電話をかけてくる人もいます。

夜中の場合緊急性が高くなるので、急いで電話にでましょう。

ただ夜中に電話をかけることで女性に迷惑をかけてしまうという感情を持ち合わせていません。

女性に対しての扱いが雑な部分があるので、女性側は注意して付きあっていく必要があります。

⑬寝ぼけている


ただ寝ぼけて夜中に電話をかけてしまう人がいます。

しかし逆を返すと、寝ぼけながらも電話を女性にかけていることから、気になる女性という認識を得ることができます。

寝ぼけながらも女性の名前を選んでいるので、無意識に気にかけている証拠になりますね。

次の日に電話をかけてきたことを伝え、相手の反応を見てみるとよいですね。

⑭「好き」という言葉を聞きたい


付きあっていると寝る前に「好き」という言葉を聞きたくなります。

付き合って間もないと、好きという言葉は特別な言葉となって何度も聞きたくなります。

寝る前に聞くことで、男性は最高の幸せを感じます。

もし付き合って間もないのであれば、恥ずかしがることなく「好き」という言葉を伝えてみてはいかがでしょうか。

⑮浮気してないか疑っている


恋人関係になっている人限定ですが、心配性な人ほど女性に電話をかけるようになってきます。

心配性な男性は、常に浮気していないかを電話でチェックしようとします。

何度大丈夫と言っても心配性な男性は、電話を夜中だろうとかけてきます。

好きという感情を通り越して、ストーカー気質な部分が生まれてしまうので注意が必要です。

⑯怒っている


夜中に電話をかけるという行為は、下手をしたら相手に失礼な行動と捉えられます。

しかし気にせず電話をかけているということは、女性に対して怒っている可能性があります。

男性は怒りの感情を次の日に持ち越すことができません。早く伝えて早くすっきりさせたいと気持ちが先走って、夜中だろうと電話をかけてきます。

女性は何に怒っているかをちゃんと思い出さないといけませんね。

⑰話を聞いてほしい


今日一日あったことを誰かに話したいと考えたことはありませんか?

男性も一緒で楽しかったこと、嬉しかったことは誰かに共有したいと考えます。

この楽しいという感情の共有は誰でもいいというわけではないので、女性に対して気になっている証拠となります。

相手の楽しい感情に合わせて女性も楽しんであげると、男性はさらに喜んでくれるでしょう。

⑱大事な話をしたい


夜中の大事な話というと、ほとんどの場合が「別れ話」です。

夜中だからこそ、男性ははっきり伝えようと決意しています。

夜に考えに考えぬいたことによる結論なので、ほとんどくつがえることができません。

ただもし別れたくないなら理由をしっかりと聞き、電話ではなく直接話を聞いてあげると考えが覆る可能性があります。

まずは電話での別れ話をさせないことに注意しましょう。

⑲いたずら電話


夜中の電話をしてくる人には、女性にただ迷惑をかけてやろうと考えている男性もいます。

また普段話さない女性と話をしたいがために、いたずら電話をかけてきます。

他にも知っている人でも付きあってもいない人でも、いたずら電話をしてくることがありますがもはや嫌がらせに近い状態です。

あまりにもしつこい人だったら、着信拒否などして対策を立てていきましょう。

⑳「お疲れ様」を言いたい


一日何か忙しかった日などの夜中に、電話がかかってきたことはありませんか?

もしかかってきて相手が上司や先輩だったとしたら、「お疲れ様」を言って少しでも労いの言葉をいいたくなるのが男性心理にあります。

直接言うのが恥ずかしくて言えなかったけど、その日中に言いたくて夜中に電話したという心理が読み取れますね。

疲れている人に夜中電話するのは気遣いがないように感じるでしょうが、本人なりの気遣いになります。

素直に受け止めてあげるとよいでしょう。

夜中の電話の男性心理20選のまとめ

男性って想いを伝えるのが下手な生き物ですよね。

思ってもないことを言ってしまったり、好きなのに逆に傷つけてしまったり。

ここでは、そんな思いをはっきりと言葉にはできないけども、夜中の電話という形で何とか女性に思ってること・考えてることを伝えようとしている男性心理を解説してきました。

この記事を見て、

「正直、私の周りにはろくな男がいないわ・・・。」

と思った人もいるでしょう。

そういう時はマッチングアプリで新しい出会いを探してみることをおすすめします。

-恋愛

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.