婚活

婚活に疲れた女性は「受け身の婚活」をすべき!やめたいと思ったら試してみよう

投稿日:

婚活嫌だ?疲れた?辞めたい?

安心して!今回はそんなあなたのための記事だよ。

[box class="box23"]
「婚活に疲れた…。もう辞めたい」
「嫌だけど結婚はしたいから辞められない」
[/box]

この記事では、婚活に疲れた場合は「受け身の婚活」を試そう、という内容について解説しています。

婚活はもう本当に嫌だけれど、結婚は諦めたくない。という方は読み進めてください。

この記事ではこんな疑問を解決!

[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]

  1. 「婚活疲れ」の原因とは
  2. 受け身の婚活って?

[/list]

[say img="https://xn--u9j9erbzdj7jvb5f9c1565epzdjv5e.jp/wp-content/uploads/2019/07/girl02-120.png" name=""]ねぇ、婚活が楽になる方法なんて本当にあるの・・・?[/st-kaiwa5]
[say img="https://xn--u9j9erbzdj7jvb5f9c1565epzdjv5e.jp/wp-content/uploads/2019/07/panda03-120.png" name=""]あら、相当お疲れだね・・・。[/st-kaiwa5]
[say img="https://xn--u9j9erbzdj7jvb5f9c1565epzdjv5e.jp/wp-content/uploads/2019/07/girl02-120.png" name=""]うん、この前、婚活パーティーで妻夫木くん似の歳下の子とね、フリートーク中にすごい盛り上がったんだよね。30分以上もずっと話してて・・・[/st-kaiwa5]

その話は後で聞くけど、そんなに落ち込むんなら、ここで解説する受け身の婚活がおすすめだよ。

婚活をする女性のうち7割の人が疲れを感じている

婚活に励む女性は、多かれ少なかれ「運命の男性」「理想の男性」との出会いを夢見ていますよね。それはアラサー婚活であろうがアラフォー婚活であろうが変わらない部分でしょう。

しかしそんな中、婚活に疲れを感じている女性が増えてきているようです。

anan NEWSによると、およそ7割もの女性が婚活疲れを経験しているということになります。

婚活ブログやSNSでも、「婚活疲れた、やめたい」「婚活うまくいかない、疲れた」という声があがっているのをよく見かけます。

婚活疲れを感じる原因としては、不特定多数の人とのメッセージのやり取りに疲れたり、慣れない場所での初対面の人との交流に疲れを感じたりと様々です。

思うようにうまくいかない婚活や、長引く婚活も疲れを感じる原因の一つです。

ですが、実はこれらの婚活疲れはある心理によって生まれています。その心理を理解すれば、疲れない婚活の方法も見えてきます。

[say img="https://xn--u9j9erbzdj7jvb5f9c1565epzdjv5e.jp/wp-content/uploads/2019/07/girl04-120.png" name=""]私だけじゃなかったんだ…。少し気が楽になったかも。[/st-kaiwa5]

そうそう。婚活パーティーにいる女性はほとんど婚活疲れの仲間なんだよ。

婚活疲れは期待と現実のギャップから生まれる

では、婚活疲れを感じる心理背景はどのようなものなのでしょうか。

実は、前述したように婚活疲れの原因は、メッセージのやり取りに疲れたとか、初対面の人との会話に疲れたとか、そういったことが本当の原因ではありません。

婚活疲れは、期待と現実のギャップから生まれているのです。

これはどういうことかと言うと、たとえば医師のみ参加の婚活パーティーにあなたが行くとします。

行くからには「医師と付き合えるかもしれない」という淡い期待を抱いていくはずです。

ところが実際に婚活パーティーに行ってみると、期待していたような出会いには繋がらなかったらどうでしょう。

がっかりするのはもちろん、慣れない場所に時間とお金を使って行き、笑顔を作ったり話しを合わせたりと、一気に全ての疲れが押し寄せてきませんか?

もし同じことをしていても、あなたが理想の男性と出会えてカップルになっていれば、きっと疲れなど感じることはないでしょう。

むしろ、これから待ち受けている幸せな日々に心躍らせているはずです。

このように、婚活に限ったことではなく、疲れは期待と現実のギャップから生まれているのです。

関連記事婚活パーティー・お見合いパーティーで医者と会えるパーティー10選

婚活パーティーで疲れるのは期待値が高すぎるから

なかでも婚活パーティーは、一番疲れる婚活と言われています。

その原因は、婚活パーティーへの期待値が高すぎることが考えられます。なぜなら、婚活パーティーは男性側の条件があらかじめ決められているものがほとんどです。

先ほど挙げた「医師」のような職種であることもあれば、具体的な「年収」であることもあります。その条件を見て婚活パーティーに参加することを決めているのですから、そのような人と出会えることを期待していくのは無理ありません。

ですが実際はイメージしている男性と必ずうまくいくわけではありませんよね。婚活パーティーにはいくつかのタイプがありますが、代表的なものは立食のフリートークタイプ、もう一つは回転寿司方式と呼ばれる女性の元に男性が入れ替わり立ち代わり訪れるタイプです。

フリートークの場合はターゲットを定めて交流ができるというメリットがありますが、人見知りの女性などはどう話しかけていいか分からないということもあります。その結果、せっかく婚活パーティーに行ったのに男性とろくに会話ができなかったという経験をした人は思いの外多いようです。

一方の回転寿司方式には、多くの人と会話ができるメリットはありますが、一人当たりに設けられる会話時間は5分ほどです。そんな短時間で相手の事を知れるでしょうか。外見だけで判断されるに決まっています。

さらには、多くの婚活パーティーではカップリングできるのは1回につき一人のみです。

このように、期待が高い割には出会える男性が少ないばかりか、期待に応えられる男性も少ないのが婚活パーティーが疲れる一番の原因です。

[say img="https://xn--u9j9erbzdj7jvb5f9c1565epzdjv5e.jp/wp-content/uploads/2019/07/panda03-120.png" name=""]婚活パーティーって、値段の割に出会える人数は実はそんな多くは無いからね。

期待するほどガッカリしちゃうんだよ。[/st-kaiwa5]

[say img="https://xn--u9j9erbzdj7jvb5f9c1565epzdjv5e.jp/wp-content/uploads/2019/07/girl03-120.png" name=""]そしたら、どんな方法で出会えば婚活疲れを防げるの?[/st-kaiwa5]

婚活疲れを卒業する最良の方法は「受け身」でいること

では、婚活疲れを卒業するにはどうしたらいいのでしょうか。

その答えは「受け身」でいることです。

人は行動することでその先の結果に対して期待をするものです。

たとえば受験勉強をすれば合格を期待しますし、泳ぐ練習をすれば泳げるようになることを期待します。そして、期待が大きければ大きいほど、期待通りにいかなかった時に大きなストレスを生み出し、疲れを感じるのです。

ですから、婚活疲れをしないためには「期待しない」ことと「行動しない」ことがポイントになるのです。

要は、自分からアプローチするのではなく、男性からアプローチさせればいいということです。このような「受け身」の婚活が一番楽で確実なのです。

ここで間違えてほしくないのが、受け身の婚活は決して妥協ではないということ。

疲れを感じない方法で、理想の男性を見つける最良の方法と言えます。

先の見えない婚活において大切なのは、諦めないことです。張り切って行動して早々に婚活に疲れてリタイアしてしまっては元も子もありませんからね。

男性からのアプローチを取捨選択するポジションをとる

受け身の婚活においては、自分は取捨選択するだけです。

男性側からのアプローチを待ち、興味のある男性がいれば反応する。たったこれだけのことです。

他の婚活方法では興味のない相手とも会話をしなければいけないことがありますが、興味のない相手との会話ほど疲れるものはありません。取捨選択していくことで、本当に「会ってみたい人」「話してみたい人」を絞ることができるのです。

とある結婚相談所の調査によると、結婚に至るまでのお見合い回数の目安として、平均で10回~20回という人が多いようです。

逆に言えば、10人~20人の人と会ったにも関わらず、話が合わなかったとか、思っていた人と違ったということがあったということです。

もちろんあなた側ではなく、相手の男性がこのような思いを抱いたということも考えられます。断る方も辛いですが、断られる方が精神的なダメージは大きいですよね。これでは婚活に疲れを感じ、やめたいと思ってしまっても無理ありません。

しかもお見合いですから、婚活パーティーの回転寿司方式のように短時間ではないですし、好みの人ではなかったときのストレスや疲れ具合は比べ物になりません。

こういったことを考えても、取捨選択したうえで自分も相手の男性も、お互いが興味を持っている状況でのやり取りが一番理想的で、疲れない方法と言えるでしょう。

最強の受け身はマッチングアプリの掛け持ち

ただし、受け身の婚活は婚活手段によってはおすすめできません。なかには受け身になることで男性からのアプローチもなく時間だけが過ぎていくという状況になりかねないからです。

では、受け身の婚活をするにはどんな婚活手段を選択すればいいのでしょうか。

結論からいうと、受け身の婚活を可能にする最強のツールはマッチングアプリです。しかも、複数のマッチングアプリの掛け持ちです。

マッチングアプリの掛け持ちは悪いことではなく、多くの女性が複数のマッチングアプリを掛け持ちし、平行して多くの異性とやり取りしながら婚活をしています。

このような婚活の仕方は女性にしかできません。

なぜなら、女性はほとんどの場合マッチングアプリを無料で利用できるから。ですから、無料で使えるマッチングアプリに無差別に登録してみましょう。

複数のマッチングアプリに登録する理由は単純に理想の男性との出会いの確率を上げるためです。

10人のなかから好みの男性を探すよりも、100人のなかから探す方が確率はあがりますよね。

なかには「男性にいくつものマッチングアプリに登録していることが知られたら嫌だ」と思う方もいるかもしれませんが、それに関しては安心してください。男性側は利用料が有料であることが多いので、せいぜい登録していても2つほどです。

男性は相手1人あたりにかける時間やコストが高いので、せいぜい掛け持ちしていても2つが限度。

そのため、あなたが複数のアプリに登録していることが男性側に知られる可能性は極めて低いです。

仮に知られたとしても、「真剣に婚活をしている人」とプラスに受け取ってもらえるでしょう。

それでも不安があるなら、ユーザー層が異なるアプリに登録するといいです。

「いいね」やメッセージの返信は興味のある男性のみでOK

多くの人と出会いを望むあまり、むやみに「いいね」をする人がいますがそれは疲れるのでやめましょう。

自分にとって好みや条件を満たした男性にのみ「いいね」を送ればいいのです。

その後は相手の反応を待ちます。たとえ相手側から反応がなくても、縁がなかったと思い忘れましょう。

また、男性側からくる「いいね」に対しては律儀に対応しようとせず、好みの男性にだけ返信すればいいです。返信がないからといって、相手もそこまで気にしていません。罪悪感などは不要ですよ。

プロフィールは全部使い回しでOK

複数のマッチングアプリで利用するプロフィールは使い回しで構いません。

前述したように、同一の男性に見られる可能性は低いので気にする必要はありません。それよりも、プロフィールを充実させることに力を入れたほうがいいでしょう。

プロフィールが充実していると真剣度が伝わりますし、親近感や好感の持てるプロフィールにすることで、男性からもアプローチされやすくなります。

はじめに設定してしまえばその後は放置・使い回しでいいので、プロフィールで心を掴むくらいの気持ちで作り上げましょう。

写真の登録機能があるのであれば、写真も登録しておくと尚良いです。写真は男性の興味を引くための重要な材料になります。これも使い回しでいいので、一枚お気に入りの写真を探しましょう。

関連記事ペアーズで1000いいね!を獲得した私が教えるいいね!をしたくなる女性のプロフィールの書き方

メッセージや応答も全て使い回しでOK

プロフィールだけではなく、メッセージや応答も全て使い回しにして問題ありません。

やり取りする相手は毎回異なるのですから、同じメッセージを送っても絶対にバレません。わざわざ一人一人違う文章にする必要などないのです。

特に最初の数回のメッセージは似たような内容の繰り返しになります。プロフィールに書いた内容について、趣味について、休日の過ごし方についてなどです。よく聞かれる話題については定型文を作っておくといいでしょう。

マッチングアプリの掛け持ちはメリットしかない

マッチングアプリを掛け持ちすることで、より多くの出会いが期待でき、出会いが多ければ理想の男性に巡り会える可能性が上がるということがマッチングアプリを掛け持ちする最大のメリットですが、それ以外にもたくさんのメリットがあります。

例えば、マッチングアプリによって年齢層や会員層は様々なので、掛け持ちすることでそれぞれのマッチングアプリに登録しているユーザーを網羅することができます。

マッチングアプリによって狙っている会員層が異なり、広告を出している雑誌やウェブサイトなどを差別化しているからですね。

例えば、アッパー層(お金持ちやハイスペックな人)をターゲットとしているマッチングアプリなどは、500円以下で購入できる雑誌には広告を出しておらず、お金持ちをターゲットとした雑誌に広告を載せていたりします。

このように、アプリによって会員層は全く異なります。

それによって、今まで気づかなかっただけで、思ってもいなかったようなタイプの男性に惹かれることもあるかもしれません。

マッチングアプリを掛け持ちし、様々なユーザー層と触れ合うことは、自分の本当の好みを探ることにもつながるのです。また、マッチングアプリを掛け持ちすることで男性を見分ける力恋愛スキルも上がっていきます。

あなたのレベルが上がれば、より理想に近い男性に出会える可能性も高くなるということです。

コスパ的にも疲れない婚活はマッチングアプリしかない

マッチングアプリが受け身の婚活に最適だということをお話してきましたが、実際に他の婚活手段と比べてどれほど優れているのか気になりますよね。

それぞれの婚活手段において、出会える人数の多さ、受け身が可能なのか不可能なのか、平均的な費用について表にまとめてみました。

マッチングアプリ コスパ 婚活 疲れない

マッチングアプリは他の婚活手段と比べて、圧倒的にコスパが優れていることがおわかりいただけますでしょうか。

出会える人数が多く、受け身が可能、さらには女性であれば無料で利用できることがほとんどなのですから、使わない手はありません。

そして、婚活パーティーはやはりコスパが悪いことがわかります。社会人サークルは同じ趣味の人が集まることから、会話につながるきっかけも多いです。ジャンルによってはかなり多くの人と親しくなれる可能性も秘めていますが、週1回の活動を考えると月の平均費用が10000円と高めです。

婚活は無理しても長続きしないですから、楽にお金もかけず婚活するのであれば、やはりマッチングアプリが一番でしょう。

関連記事女性向けマッチングアプリおすすめランキング | 2019年10月最新版

それでも婚活に疲れたら

マッチングアプリ掛け持ちによる受け身の婚活をしていれば、婚活疲れは劇的に減るはずです。それでも婚活に疲れたと感じることがあれば、少し休息をとってみてもいいのかもしれませんね。

このように、マッチングアプリはちょっとくらい放置していても大丈夫。またやろうと思った時にすぐに再開できます。

ですから、まずは試してみましょう。

[say img="https://xn--u9j9erbzdj7jvb5f9c1565epzdjv5e.jp/wp-content/uploads/2019/07/panda05-120.png" name=""]無理して潰れちゃったら元も子もないからね。[/st-kaiwa5]

[say img="https://xn--u9j9erbzdj7jvb5f9c1565epzdjv5e.jp/wp-content/uploads/2019/07/girl05-120.png" name=""]頑張りすぎずに、受け身でもいいいから婚活を「続ける」事が大事なのね![/st-kaiwa5]

婚活に疲れたら…。まとめ

[box class="box28" title="記事の要点"]

  • 婚活をする女性のうち7割が「婚活疲れ」
  • 「婚活疲れ」の原因は期待と現実のギャップ
  • 受け身の婚活をしよう
  • 受け身の婚活に最適なのはマッチングアプリ
  • 受け身で無理なく婚活を続けよう

[/box]

結婚したい気持ちはわかりますが、婚活において「焦り」「頑張る」という概念はあまりよろしくありません。

焦っていても素敵な人と出会えるわけではありませんし、むしろ疲れた表情や頑張りすぎ感が伝わってしまうかもしれません。そうなっては本末転倒ですよね。

婚活を成功させるためには、とにかく無理はしないことと、頑張りすぎないことが大事です。

そのためには、受け身の婚活にシフトするのもアリですし、時には少しひとやすみしたっていいんです。

もし現在婚活に疲れているのなら、是非一度違った方法を試してみて下さいね。

マッチングアプリでは女性は受け身でも「いいね」がたくさん来るんだ。自信や余裕にも繋がるはずだよ。

[say img="https://xn--u9j9erbzdj7jvb5f9c1565epzdjv5e.jp/wp-content/uploads/2019/07/girl02-120.png" name=""]婚活パーティーで妻夫木くん似の歳下の子と30分も話して盛り上がったのにカップル不成立だったからアプリやろうかな。

少しは癒されるかも。[/st-kaiwa5]

-婚活

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.