出会い

東京のひとり飲みに出会いはある?ひとり飲みにおすすめのバー10選も紹介

更新日:


バーで出会うってマンガやん!ではないんです

最近、立ち飲みバーや「横丁」を始め、東京でひとり飲みしてたら出会って付き合った、という人を周りでチラホラ見ます。

でも、

・どこのお店なら出会えるの?
・どんな出会いがあるの?

という疑問もありますよね。

そこで今回は、

・東京で出会えるお店の選び方
・おすすめのお店
・出会い方のコツ

5分ちょっとで読めるようにまとめました。

ぶっちゃけ、「バーでの出会い=ナンパする・される」なのですが、街中のナンパとは違いますし、出会える人やノリも全然違います。

楽しく飲みながら素敵な出会いを望んでいる人は読み進めてください。

東京のひとり飲みに出会いはある?

結論からいうと、東京のひとり飲みに出会いはあります。

ひとり飲みの出会いでは、バーなどの飲み屋に行ってナンパすること・されることが主なものでしょう。

そこで、ブライダル事業を展開しているアニヴェルセルのアンケート調査を見てみると、出会いのきっかけが「ナンパ」である割合は1.9%となっています。
東京 ひとり飲み

出典:アニヴェルセル

正直、そこまで高くない割合なので、出会いの効率自体はあまり良くないと言えます。

ですが口コミなどからも、ひとり飲みでの出会いがあるのは事実なのです。

このように、ひとり飲みには様々な出会い方があるようです。

東京のひとり飲みに出会いがある理由

ではなぜ、ひとり飲みに出会いがあるのでしょうか?

それは、ひとりでお店に飲みにきている人が、「新しい出会いを求めていることが多い」からです。

ひとりで来るお客さんは、密かに出会いを期待しているんです。

バーでの出会いは、映画やドラマのワンシーンにある「ひとりで来店した男性が、隣の席に座っている女性に声をかける」といった雰囲気をイメージすることが多いでしょう。

もちろん、ドラマだけでなく実際のバーにも出会いはあります。

中でも立ち飲みバーは、出会いの場所として利用する人が多いです。

以下の章で、具体的な理由を解説していきます。

①立ち飲みバーは出会いバー化してる

まず立ち飲みバーとは、その名の通り、

「座席が決まってなく、店内を自由に歩きながら飲食できるお店」

になります。その形式上、ひとりで訪れるお客さんが多く声を掛けやすいです。

ですので、お客さん同士の距離が近く、出会いの機会もたくさんあります。

通常のバーでも、ひとり飲みで来店する人はいますが、遠くの席にいる人とはなかなか話せませんよね。

ですが、立ち飲みバーは、気になる人が遠くにいても自然に近づくことができます。

また、その形式上、落ち着いた雰囲気というよりは、店内が賑わっており、周囲で話し声が飛び交っているので、気兼ねなく声をかけることができるのです。

なかには出会いにくい立ち飲みバーもある

立ち飲みバーの中には、出会いやすいお店と出会いにくいお店があります。

出会いにくいお店は、

「あまりお客さんがいない」
「常連客のみしかいない」

などのお店です。

いざ出会いを求めて来店しても、お客さん自体がいなければ本当にお酒を飲みにきているだけです。

常連客しかいない場合、初めての来店では出会いはあります。

しかし、その後の出会いは常連客からの紹介などでしか期待できません。

立ち飲みバーで出会いを求めるなら、新しい出会いがたくさんあるお店に通うことをおすすめします。

②横丁など出会い目的の場もある

横丁といえば、表通りから横道に入った通りのことです。

昔から、サラリーマンの憩いの場となっており、価格が安い大衆向けのお店が多いイメージ。

ですが近年では、若い世代が横丁の飲み屋で、ひとり飲みや2次会として利用することが増えています。

横丁にあるバーや飲み屋は、立ち飲みバーと同じように比較的店内が狭いところが多く、隣の人と自然と気軽に話せるのがいいですね。

また、店主が気さくな性格で店内を盛り上げてくれるのも魅力の一つ。

若い女性がひとりで訪れることもあり、比較的簡単に出会いが期待できます。

ひとり飲みでは、どういう風に出会えばいい?

立ち飲みバーは、話しかけやすい雰囲気が出来ているので、あとはこちらから積極的に話しかけるだけです。

まずは話しかける

具体的には、

「常連さんですか?」
「お一人ですか?」

という切り口が自然で話しかけやすいでしょう。

また、自分が常連でよく見かける相手には、

「よくお見かけするんで、いつか話してみたいなと思ってました」

という声のかけ方もありです。

会話を選ぶ

最初の声かけに成功したなら、次に必要なのは会話運びです。

人に好意を向けられて嫌な人あまりいませんよね。

ですので、「褒める」タイミングがあればここぞとばかりに褒めましょう。

例えば、

「とても綺麗ですね」
「可愛い服装ですね、僕のタイプです!」

などです。

また、共通点があると人は心を開きやすいです。

「趣味はなんですか?」
「仕事場(自宅)からこのお店は近いんですか?」

と様々な質問を投げかけ、相手との共通点を探しましょう。

連絡先の交換

最終的には、次に繋げるために連絡先を聞き出します。

ストレートに、「LINE交換しませんか?」でも良いですが、確率を高めるなら、「連絡先を交換しましょう、名刺とLINEどっちがいいですか?」と二者択一の聞き方をします。

この方法は、電話とLINEのどっちにするかを迫る質問なので、「連絡先を教えない」という選択肢を曖昧にすることができるため有効です。

東京のひとり飲みで出会いやすい店の選び方

東京のひとり飲みで出会いやすいお店は、いくつか選び方があります。

選ぶポイント

  • 女性が行きやすいバー
  • ひとりで行きやすいバー
  • うるさすぎない適度ににぎやかなバー
  • 価格が高くないバー

なぜ出会いやすいのかを、以下の章で説明します。

女性が行きやすいバーとは

バーや飲み屋では、男性の比率がどうしても多くなります。

そのため、女性でも行きやすいバーを選び、男女比率のバランスが取れたお店に行きましょう。

例えば、下記のようなバーです。

女性が行きやすいバー

  • 食べログ上位のお店・バー
  • 女性が読むメディアや雑誌に載っているバー
  • 汚くないバー
  • お店の入り口がおしゃれ
  • 完全禁煙のお店

女性は、食べログ上位や「CanCam」などの女性誌で紹介されているバーを見て、訪れることがあります。

バーにふらっと立ち寄ることは難易度が高いので、雑誌などで情報を得てから行くことが多いのです。

また、お店の入り口や内装がおしゃれなバーだと、とても女性ウケが良いです。

特に入り口で「このお店、綺麗で可愛い!」と女性が思うと、ふらっと立ち寄る可能性も出てきます。

くわえて、女性はタバコの煙や匂いがダメな人が多いので、完全禁煙のお店もポイントが高いのです。

ひとりで行きやすいバーとは

そしてひとりで行きやすいバーを選ぶことも大事な項目です。

友人同士や複数人などの、グループ前提のバーだとひとりで出会いはありません。

こちらから声をかけずらいですし、すでに出来上がっているグループの雰囲気に馴染むのは難しいからですね。

ではひとりで行きやすいバーとは、どういうお店なのでしょうか。

ひとりで行きやすいバー

  • 店内の大きさに見合った客数の店
  • 一度行ったことのある店
  • 立ち飲みバーなどのひとり客が多い店

店内が広くお客さんが少ないと、ひとりで来た客は目立ちやすいです。

そのため狭い空間のお店や、広い店内でもたくさんお客さんがくる店ではひとりでいても浮きません。

また、一度行ったことのあるお店は、店内の雰囲気も理解しており入りやすいでしょう。

ひとりで行くお客さんがいるかどうかもリサーチできるので、まずは友人などと偵察目的で来店するのもありです。

そして先ほど述べた立ち飲みバーや横丁は、出会いバー化しているので、ひとりで来店するお客さんも多いですね。

適度ににぎやかなバーとは

クラシック音楽がかかってるような古いお店は、そもそも女性は来ないです。

本当にひとり飲みを楽しみに来ているお客さんが多く、あまり話せるような雰囲気でないことも理由に挙げられます。

そのため、適度に女性に話しかけても大丈夫な、にぎやかさがあるバーに行きましょう。

高すぎないバーとは

バーに行ってすぐに、かつ1回目で出会うということは、かなり稀です。

初めての来店では、あまり期待しない方が良いでしょう。

そうなると、ここは出会えそうだな、というお店に何度か足を運ぶ必要が出てきます。

何度も通うことになるので、財布に優しいリーズナブルなお店を選んだ方が無難です。

東京でひとり飲みで出会いを探すのにおすすめのバー10選

それでは実際に、東京でひとり飲みでの出会いにおすすめのバー10選をご紹介していきます。

①awabar 六本木(アワバー):六本木

東京 ひとり飲み 出会い awabar

出典:awabar

立ち飲みバー初心者でも来店しやすいとのことです。

店内は隣の客との距離も近く、話しやすい雰囲気。

まだ、立ち飲みバーに行ったことがない人にぜひおすすめです。

awabar 六本木

・住所:東京都港区六本木4-10-11小田切ビル1F
・TEL/FAX:03-6804-5739
・営業時間:月~金18:00-27:00 土18:00-24:00
・定休日:日・祝
・公式サイト:awabar

②bistro あわ:麻布十番

東京 ひとり飲み 出会い あわ

出典:bistro あわ

串焼きやスパークリングワインを楽しめる立ち飲みバーです。

バーというよりも、居酒屋に近い雰囲気があり、周りのお客さんとの会話も弾みやすいです。

外国人のお客さんも時折訪れるそうで、国際的な出会いも期待できます。

bistro あわ

・住所:住所:東京都港区麻布十番2-2-8 E高林ビル 1F
・TEL:03-5442-7480
・営業時間:平日16:00~23:30 土日•祝日14:00〜23:30
・夜10時以降入店可、日曜営業
・公式サイト:bistro あわ

③Q(キュー):恵比寿

東京 ひとり飲み 出会い Q

出典:Q

黒を基調とした落ち着いた店内の立ち飲みバーです。

スペイン・イタリア料理を楽しめるにも関わらず、値段は500円からと非常にリーズナブルでもあります。

店員さんが気軽に接してくれるので、初めての方でも楽しめることでしょう。

Q

・住所:東京都渋谷区恵比寿4-4-2 クレスト恵比寿1F
・TEL:03-5793-5591
・営業時間:[月~土]17:00~翌5:00 [日・祝]17:00~24:00 [祝前日] 17:00~翌5:00
・公式サイト:Q(キュー)

④The Public stand(パブリックスタンド):新宿

 

View this post on Instagram

 

The Public stand 新潟駅前店さん(@thepublicstandniigata)がシェアした投稿 -


関東を中心にたくさんのお店を展開している立ち飲みバーです。

店内はとても広く、若い人たちを中心にいつも賑わっています。

金曜や土曜の夜はとても混雑しているそうなので、歌舞伎町にもう一つある2号店に出向いてみるのもいいかもしれません。

The Public stand

・住所:東京都新宿区歌舞伎町1-5-4 第22東ビルB1F
・TEL:03-6302-1447
・営業時間:17:00〜4:00 年中無休
・公式サイト:The Public stand

⑤銀座300BAR NEXT:有楽町

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミラージェニュインドラフト公式アカウントさん(@miller_japan)がシェアした投稿 -


こちらは銀座や有楽町に店舗を構える立ち飲みバーです。

ドリンクや食事は、1品300円から楽しむことができます。

入店の際に300円チケットを男性は3枚、女性は2枚を最低限購入する必要があるようです。

それでも、通常のバーなどで飲むよりはとても安い金額で楽しめますよ。

銀座300BAR NEXT

・住所:東京都千代田区有楽町1-2-14 紫ビルB1F
・TEL:03-3593-8300
・営業時間:[月~木]12:00~翌2:00 [金・土]12:00~翌4:00 [日・祝]12:00~23:00
・公式サイト:銀座バー GINZA300BAR NEXT

⑥KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット):池袋

 

View this post on Instagram

 

KURAND池袋店@日本酒飲み放題さん(@kurand_ikebukuro)がシェアした投稿 -


木目調で明るい店内の着席型バーです。

立ち飲みバーばかりでなく、座ってゆっくり飲みたい方におすすめのお店。

池袋以外にも、新宿や上野など様々な場所に店舗を構えています。

持ち込みOKなので、自前でおつまみなどを買って行くのもありですよ。

KURAND SAKE MARKET

・住所:東京都豊島区西池袋3-27-3 s&kビル4F
・TEL:050-5590-8422
・営業時間:平日17:00~23:00 土日12:00~16:00
・公式サイト:KURAND SAKE MARKET

⑦Cafe & Bar SCRAMBLE(カフェ&バー スクランブル):渋谷

 

View this post on Instagram

 

Yuuri Kodaさん(@yuuuuuuri83)がシェアした投稿 -


渋谷駅からすぐのところにある有名なカフェバーです。

朝から開店しており、優雅な朝食を楽しめる一方で、夜はバーに早変わりします。

おしゃれな店内なので、女性のお客さんも多いです。

Cafe & Bar SCRAMBLE

・住所:東京都渋谷区渋谷1-27-1(JR渋谷駅ハチ公口高架下)
・TEL:03-5468-1200
・営業時間:[月~木] 9:00~翌2:00 [金・土] 9:00~翌5:00 [日・祝] 9:00~翌2:00
・公式サイト:Cafe & Bar SCRAMBLE

⑧HUB(ハブ):渋谷

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hirokoさん(@2hiii7kooo)がシェアした投稿 -


外国人も多く訪れるバーです。

中でも渋谷店は、歴史ある店舗で常連客から新規のお客さんまで幅広い客層に人気のお店。

席はあるものの、お客さんが増えるとスタンディングバーに状態になります。

ナンパスポットとしても有名なので、若い男女も多く来店しています。

HUB(渋谷店)

・住所:東京都渋谷区宇田川町3−10 フィエスタ渋谷B1F
・TEL:03-3462-5881
・営業時間:[月~木]16:00~25:00 [金・祝前日]16:00~26:00 [土]14:00~26:00 [日・祝]14:00~25:00
・公式サイト:HUB(渋谷店)

⑨ワインスタンド Waltz(ワルツ):恵比寿

東京 ひとり飲み 出会い ワインスタンド Waltz

出典:livedoorニュース

8人ほどのお客さんでいっぱいになる、隠れ家的な立ち飲みバー。

少ない人数なので、落ち着いた雰囲気で他のお客さんとも会話がしやすいのが特徴。

ワイン好き同士が出会うにはぴったりのお店です。

ワインスタンド Waltz

・住所:東京都渋谷区恵比寿4丁目24−3
・TEL:なし
・営業時間:18:00~24:00
・定休日:日曜・不定休
・公式サイト:Waltz

⑩SWIITCHBAR(スイッチバー):銀座

 

View this post on Instagram

 

SHIFT. KOKURAさん(@shift_kokura)がシェアした投稿 -


関西から東京に進出してきた立ち飲みバー。

スイッチャーと呼ばれるスタッフが、お客さん同士を繋げたり盛り上げたりと、関西ならではのユニークなシステムを導入しています。

店内はとても広いですが、夜はお客さんで満員になることも多く、出会いのチャンスも数多く存在します。

スイッチバー

・住所:東京都中央区銀座8-2 ニューギンザビル12号館6階
・TEL:03-6280-6371
・営業時間:全日18:00〜2:00
・公式サイト:SWIITCHBAR

東京のひとり飲みで出会いを探す際の注意点

いざお店に向かう前に、いくつか注意点があります。

東京のひとり飲みで出会う際には、以下のことをまず頭に入れておきましょう。

出会いの効率は良くない

冒頭のアンケート調査にもあるように、そもそも世の中の数多くの出会い方に比べると、どうしても、ひとり飲みで出会える確率は低いです。

なので、ひとりで飲むこと自体が好きで「飲んでいる最中に出会いがあれば良いなあ」というぐらいの考え方が必要になります。

つまり、最初から出会い目的でひとり飲みに行くのは、あまり効率が良くないのです。

団体が来たら居づらい

立ち飲みバーなどには、何もひとり飲みで来るお客さんばかりではないです。

団体客もそれなりに来るので、タイミングが悪いと自分だけがひとり客になり、店内に居づらい場合もあります。

そうなると、本当にひとりでお酒を飲むことしかできません。

次も来店するつもりなら、バーのマスターと親交を深めておくなどの行動に出ましょう。

いる客が好みの異性とは限らない

これは当然ですが、他のお客さんが自分の好みの異性とは限りません。

「好みの人と付き合う確率=出会う確率×好みの人の確率」

ですので、好みの人との出会いまで求めると、1%未満の確率だと言えるでしょう。

出会い目的ならマッチングアプリの方が断然コスパが良い

異性と出会うことを一番に考えるなら、マッチングアプリを利用した方が断然コスパが良いです。

なぜならマッチングアプリは、男性なら月額料金3000円程度で、女性なら無料で家にいながら好みの人を探すことができるからです。

ひとり飲み アプリ
金額 2~3,000円/1回 3,000円前後/月
女性は無料
出会える人数 1~3人前後/1回 4人前後/月
好みの異性 運次第 検索で探せる

立ち飲みバーなどは、1回の来店で安くて2,000円程度と考えると、月に2回バーに通うだけで4,000円かかってしまいます。

そう考えると、時間やお金の面でマッチングアプリの方が断然コスパに優れています。

それに、お酒が好きな異性を検索で探すこともできるので、一緒に飲みデートをすればいいだけ。

何も、ひとりでバーに行って出会いを探す必要はありません。

一緒に好みの異性と2人で行けばいいんです。

そしてマッチングアプリを利用するなら、日本で1番会員数が多いPairs(ペアーズ)と年齢層が少し高いけどガチで婚活したい人向きのOmiai(おみあい)がおすすめ。

好みの人が見つかりやすい

Pairs(ペアーズ)

(4.6)
  • ハイスペック多め
  • 会員数最多

\ 好みの人が見つけやすいアプリ /

ペアーズの特徴

  • 会員数が多く出会いやすい
  • 機能がシンプルで使いやすい
  • 月額課金制だからサクラゼロ
  • Facebook連携だから友達にバレない
  • 24時間365日運営がパトロール
  • 女性は全て無料

Pairs(ペアーズ)は日本最大ということもあり、男性は医者から弁護士、会計士などのハイスペックや、女性もモデルや女優の卵まで幅広く登録しているのが最大の特徴。

会員数が多いことから、好みの異性を見つけやすいのも嬉しいですね。



真剣に婚活中の男女多し

Omiai(おみあい)

(4.1)
  • 「いいね」が分散
  • 真剣な男性

\ いいねが来やすいアプリ /

Omiaiの特徴

  • 婚活に真剣な人が多い
  • 機能がシンプルで使いやすい
  • Pairs(ペアーズ)より細かい条件で検索できる
  • 月額課金制だからサクラゼロ
  • Facebook連携だから友達にバレない
  • 24時間365日運営がパトロール
  • 女性は全て無料

Omiaiは人気な女性にいいねが集中せず、下記のように分散されるのが最大の特徴。

Omiai(おみあい) マッチングアプリ おすすめ 評判

▲いいね数が多い女性

Omiai(おみあい) マッチングアプリ おすすめ 評判2

▲いいね数が少ない女性


また、Omiaiは30代前後の会員が多く、Pairs(ペアーズ)より少し年齢層が高いので、結婚を前提とした出会いが期待できますよ。

東京のひとり飲みの出会いまとめ

東京のひとり飲みに出会いがあるのかを、具体的にまとめました。

立ち飲みバーなどが出会いの場となっている現状では、ナンパする勇気があれば誰にでも出会いはあります。

そして東京は人口密度が高いので、他の地域と比べても出会いの需要は多いです。

しかし、様々ある出会い方の中でも割合が低く、出会いの効率自体はあまり良くないことは理解しておいてください。

そのため、「女の子と出会いたい」「女の子とバーで飲みたい」という方は、まずはマッチングアプリなどで素敵なお相手を探してみてはいかがでしょうか。

-出会い
-, , ,

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.