婚活

玉の輿に乗りたい女性必見!乗る方法・乗れる職業まとめ

投稿日:

どうせなら玉の輿に乗って、いい暮らしをしたい。

ハイスぺの男性と出会い、結婚したいというあなたへ。

玉の輿に乗りたい!」と考える女性は少なくないはず。

やっぱり、どうせなら少しでも収入がある男性と結婚出来たほうが、いい暮らしができますよね。

ただ、そんな憧れを持ちつつも、以下のような疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?

・玉の輿に乗るために、ハイスぺの男性とはどう出会えばいい?
・玉の輿に乗るためにはどのようなことを頑張ればいい?

そこで今回は、玉の輿に乗るための方法について徹底的に紹介していきます。

ハイスぺの男性と結婚して、専業主婦になりたい!という方は、ぜひこのまま読み進めてください。

結論

はやくハイスぺの男性と出会うための方法が知りたい方はこちらからスキップできます

そもそも「玉の輿に乗る」って?定義は?

そもそも、年収がいくらの男性と結婚すると、「玉の輿に乗る」と言えるのでしょうか?

年収いくらから玉の輿に乗ったと言える?」に対する回答TOP3がこちらです。

「玉の輿に乗った」といえる年収は?

  • 年収1000万円程度…26.5%
  • 年収1500万円程度…11.3%
  • 年収2000万円程度…14.9%

また、「玉の輿と言って思い浮かべる職業は?」に対する回答TOP3はこちら。

玉の輿といって思い浮かべる職業は?

  • IT社長…37.6%
  • 医者…25.4%
  • メーカー社長…10.2%

これらの結果から、「玉の輿に乗る」=「年収1000万円以上の男性や、企業の社長・医者などのハイスペの男性と結婚する」と定義できます。

個人差はあると思うのでこれが一概に正解とは言えませんが、世の中の一般的な考え方として一つイメージしておくといいでしょう。

「玉の輿に乗る」と、一体どのような生活ができる?

玉の輿に乗る」条件である、年収1000万円の男性との結婚。

しかし、気になるのは「玉の輿に乗ったとしてどのような生活ができるのか」、という点ですよね。

  • どんな場所で暮らせる?
  • 専業主婦にはなれる?
  • 旅行には頻繁に行ける?

これらの観点から「玉の輿」に乗った生活を覗いてみましょう。

年収1000万円の手取り月収を60万円程度と仮定し、考えていきます。

  • 健康保険料…約60万円
  • 厚生年金…約70万円
  • 住民税…約60万円
  • 所得税…約80万円

これらを年収1000万円から引くと、手取り年収は約730万円。

730万円を12ヶ月で割ると約60万円になります。

どんな場所で暮らせる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

トンちゃん🐶☘(@miya_02o7)がシェアした投稿 -

例えば、東京都・中央区のタワマンの平均家賃がこちら。

  • 1DK…16.6万円
  • 1LDK…19.8万円

家賃で20万円かかっても、残りの40万で余裕のある2人暮らしができます。

2人暮らしで1LDKほどの広さでもOKであれば、都心のタワマンにも十分に住めますし、最上階も夢ではありません!

ただ、子供が生まれた場合だと、教育費や食費がかさみますし、間取りも2LDK以上はないと厳しくなってきます。

夫婦2人暮らしの時のように、都心の一等地のタワマン最上階は難しいかもしれません。

ですが、タワマンの低層階や、地方都市の中の高級住宅地には住めるでしょう。

専業主婦にはなれる?

もちろん専業主婦になれます。

夫のいない日中はフラワーアレンジメントや料理教室などの習い事に通えますし、ママ友との贅沢なランチも楽しめちゃいます。

子供ができた場合だと、住む家の家賃や、子供にかける教育費によって変わってきます。

タワマン住みかつ、子供2人を私立の学校や習い事に複数通わせるなど、教育費が高価な場合や、自分に使えるお金を確保したい、という場合は働いた方が良いかもしれません。

とはいうものの、その場合は正社員でなくパートやアルバイトで十分です。

もし地方の住宅かつ、子供2人が公立の学校など教育費が安価な場合であるなら、専業主婦で十分やっていけるでしょう。

旅行には頻繁に行ける?

子どもがいたとしても、年に一度のリッチな国内旅行に行くことができます。

住居費や生活費で節約すれば、貯金しつつ海外旅行にも行けるでしょう。

玉の輿に乗るのは簡単なことではないかもしれないけど、このように、乗れた時の恩恵はものすごく大きいんだ。

どうせ婚活を頑張るなら、玉の輿を狙ってみたいよね。

玉の輿に乗れる女性を5タイプ紹介!乗れない女性との違いは?

できることなら、玉の輿に乗って悠々自適な生活を送りたいですよね!
玉の輿に乗れる女性は、乗れない女性と何が違うのでしょうか?

玉の輿に乗れる女性の特徴は、以下の通りです。

①小悪魔的で、略奪もいとわない

ハイスペ男性に彼女がいることもお構いなく、女の武器を使って玉の輿に乗ったパターン。

超かわいい知り合い、当時の旦那さんが彼女いたけどボディータッチとかしまくってたぶらかしたって。そのまま結婚して今は優雅な専業主婦暮らし。怖いわ(笑)

ハイスぺの男性はライバルが多いので、彼女がいても積極的にアプローチして奪う、くらいの図々しさが必要かもしれません。

②お金持ちの男性と会う機会が多い

ハイスペ男性が働く職場にいると、当然接触のチャンスも増やせます。

受付嬢やってるときは、取引先のエリート社員からそっと名刺渡されて、付き合ったりしたな~((/・ω・)/

かといって、今から大企業の受付の派遣社員や、医療事務などを目指すのは難しいですよね。

そういった友人を作るなどして、上手く紹介してもらうのがおすすめです。

③モテるための自分磨きは怠らない

ハイスペ男性に選ばれるために、見た目を徹底的に磨いて玉の輿に乗った女性。

玉の輿に乗った友達のこと、ずるいなって嫉妬してたんだけど、確かに美人だしその上付き合う前からエステ行ったりジム毎日通ったり努力してたんだって。

玉の輿に乗るためには、「ありのままの自分で勝負」なんて言っていられません。

メイクを丁寧にして綺麗めな服装を心がけるなど、見た目を良くする努力は怠らないようにしましょう。

④金銭感覚がちゃんとしている

高年収男性と言っても、無限にお金があるわけではありません。

堅実な家計管理ができる女性の方が、結婚相手にはふさわしいと思われます。

会社役員と結婚したけど、決め手は『家計の管理をちゃんとやってくれそう』だとさ。地味だけど(笑)大事なポイントだったんだな。

しっかりとした金銭管理ができることもアピールしましょう。

⑤マナーや立ち振る舞いなどが洗練されている

高級店でのデートや会食などの場では、それ相応の洗練された立ち振る舞いが必要です。

教養のある女性は、ハイスペ男性の自尊心を満たします。

最初のデートが高級フレンチで超緊張した(笑)でも服装とかテーブルマナーは叩き込んでおいたからなんとかなったし、彼の顔に泥を塗らずにすんだよ…(;´・ω・)

マナー教室などでも学べるので、必ず身に付けていきましょう。

⑥家事スキルが高い

料理の腕でハイスペ男性と結婚する人もいます。

結婚する前から和洋中全部作れてたし、味も良い自信がある。今は旦那が稼いできてくれるから良い食材使えてるってのも大きい。

必要であれば料理教室に通うなど、料理を始めとする家事スキルを磨いておきましょう。

玉の輿に乗るために、しっかりこの辺は押さえていきたいですね。

特に家事スキルなんかは結婚生活に直結するアピールポイントなので、しっかり磨いておかないと。

「玉の輿に乗る」方法!年収別に紹介

それでは、実際に玉の輿に乗るにはどのようにすれば良いのでしょうか?

玉の輿に乗る方法を2ステップで紹介していきますので、参考にしてみてください。

①【年収別】どのレベルの男性を狙うか決めよう

厚生労働省の調査によると、年収700万円~2000万円の男性の割合はこのようになります。

年収700~2000万の男性の割合

  • 年収700万~800万…6.4%
  • 年収1000万~1500万…5.6%
  • 年収1500万円~2000万…1.2%
  • 年収2000万以上…0.9%

ご覧の通り、ハイスペと言っても、年収層によって割合が大きく異なります。

狙う年収によって戦略や難易度も異なってきますので、どの年収を狙うのか、まずはしっかり決めておくのがおすすめです。

ここからは年収ごとの男性の特徴や狙い方を紹介していきますので、参考にしてみてください。

年収700万はそこまで贅沢はできないが、狙いやすい

年収/特徴 700万
主な職業 ・大手企業のエリート社員など。
・大手商社や大手コンサルタント会社などでは、20代でも年収700万がいることも
狙う難易度
人物像 700万だと、サラリーマンなど堅実な方が多い
どんな女性向けか ・自立して仕事をしており、お互い高め合えるような女性
・共働きOKな女性

また、子どもを2人以上かつ贅沢三昧な暮らしとなると、世帯年収700万円ではきついかもしれません。

そのことから、共働きを希望する男性もいます。

一般企業にもいる年収700万円の男性。狙う難易度はそこまで高くありません。

目指す生活レベルによっては、共働きも必須になってきます。

自分もバリバリ働いて贅沢な暮らしをしたい!」という女性にとっては良い年収層でしょう。

年収1000万を狙うには努力が必要だが、夢ではない

年収/特徴 1000万
主な職業 ・大手企業の30代以上のエリート社員
・弁護士や税理士など、特別な資格が必要な専門職
狙う難易度 ☆☆☆
人物像 ・仕事にも慣れ、大きなプロジェクトを任されることが多く責任感が強い
・専門分野で活躍しており、知識も豊富
どんな女性向けか 家事スキルが高い女性を求める傾向にあります

年収1000万円を超えてくると、それなりに家計に余裕が出てくるため、女性には専業主婦になってほしいという男性は増えるでしょう。

ですから、家事スキルが必須になってきます。

料理などが上手、かつ専業主婦になりたい女性は年収1000万円以上の男性を狙ってみてください。

年収1500万までいくとライバルもかなり強い

年収/特徴 1500万
主な職業 ・大手商社や広告・マスコミ、コンサル会社のマネージャークラス
・医者など>
狙う難易度 ☆☆☆☆
人物像 ・部下を大勢抱え、プレッシャーを感じる立場になる
・自分はエリートだという自覚があり、モテるため女性関係にも自信があることが多い
どんな女性向けか 家事ができる、かつ仕事が多忙でも文句を言わない「できた女性・妻」を好む傾向にあります

年収1500万円以上となると、多忙すぎて家に帰ってこれなかったり、長期海外出張もあるでしょう。

そんな中でも文句を言わず、献身的に支えられる女性は狙ってみては。

女性のタイプによっては年収2000万も不可能ではない

年収/特徴 2000万
主な職業 ・経営者や大手企業の役員クラス
・トップスポーツ選手・アーティストなど
狙う難易度 ☆☆☆☆☆
人物像 ・自らの道を切り開いてきたという自信に満ち溢れている
・才能に溢れている一方、一般人には理解できないような思考回路をしていることも
どんな女性向けか ・家事や夫のサポートはもちろん、品格や知性を兼ね備えた女性。
・見た目もモデル並みに美しい女性を選びがちです

年収2000万円ともなると、いくらでも女性を「選べてしまう」レベルだといえます。

よって、教養や気立ての良さはもちろん、さらに容姿も整っているような女性でないと厳しい部分があるかもしれません。

年収別男性の特徴を比較

年収別の男性の特徴をまとめました。

年収/特徴 700万 1000万 1500万 2000万
主な職業 大手企業のエリート社員 弁護士や税理士 大手商社やマスコミのマネージャー 経営者
狙う難易度 ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
人物像 上昇志向が強い 専門分野で活躍 知識が豊富 特別な思考回路をしている
どんな女性向けか 共働きでもOKな女性 家事スキルの高い女性 献身的に支えられる女性 これまでの内面要素に加え、容姿も優れている女性

②玉の輿に乗るための出会いの場を試そう

狙う男性のレベルを決めたら、次は出会い方を探しましょう。

しかし、ハイスペ男性の割合はとても低いため、ただやみくもに出会いの場に行っても出会えません。

確実に「玉の輿に乗る」ための出会いをするには、「年収」もしくは「その年収を稼いでいるであろう職業」に絞って探すべきです。

よって、「年収」もしくは「職業」が分かる出会いの場を選びましょう。

年収か職業がわかる出会いの場

  • 「年収○○円以上」の条件のある街コン
  • 結婚相談所で希望年収を伝え紹介してもらう
  • 医者や大手企業社員などが相手の合コンを開いてもらう など

どの出会い方も、「年収」もしくは「職業」が分かる出会い方です。

しかし、これらはいずれも料金が高かったりわざわざ出向く手間がかかったりと、手軽な出会い方とは言えません。

確実にハイスぺと出会えるのならまだお金をかける価値はあるにせよ、どれも運要素が強いのがまた難点です。

玉の輿に乗るために一番おすすめな出会いの場はマッチングアプリ

そこでおススメしたいのが、マッチングアプリです。

年収や職業で相手を絞れるのはもちろん、スマホさえあればいつでも婚活ができます。

年収以外の条件(顔や趣味など)も同時に検索で来るのも大きなポイント。

一番楽に、かつ好みのハイスペ男性を探せる最高の出会い方と言えるでしょう。

出会いを求めている男性と一度に多く接触できますし、プロフィールの「魅せ方」で第一印象を操作することもできます。

各年収のハイスペ男性が好む女性像を意識して自己紹介文を作り、理想の男性を狙いましょう!

玉の輿に乗りたい人が知っておくべき注意点

玉の輿に乗りたい女性に、男性を狙う際の注意点をお伝えします。

玉の輿に乗りたい人が知っておくべき注意点

玉の輿に乗れれば幸せになるわけではない

お金がある暮らしが幸せとは限りません。

いわゆる「玉の輿に乗れる」ような男性は総じて多忙で、家を空けることが多くあります。

そのため、休日の家族サービスがおろそかになったり、自身が多く稼いでいることから態度が横柄になり、専業主婦の妻を下に見る男性がいたりすることも…。

「お金があるからOK」ではなく、きちんと相手を尊重できる男性か、人間的な部分も見極めた方が良いでしょう。

職業によってはリスクも伴う

結婚後、年収が下がる可能性もあります。

フリーで働いている男性は、成功すれば多く収入を得られますが、当然上手くいかないと収入は下がりますよね。

起業家や開業医であれば、もし倒産したら…というリスクがあります。

不安な方は職業の安定性からも相手を選んだほうがいいでしょう。

お金持ちの男性は人気が高い

当然、低収入の男性よりお金持ちの男性の方がモテます。

常に周りにはライバルがいるため、時には蹴落とすくらいの気持ちが必要。

浮気されたり、他の女性盗られるかも…という不安とも付き合っていかなくてはいけません。

交際後も、「付き合えたから安心」ではなく、その後もいいパートナーであれるよう努力していくのが理想です。

「玉の輿に乗れれば何もかもうまくいく」っていうわけではないようですね。

お金ではなく人と結婚するわけですから、きちんと相手の人間的な部分も見て、いい関係を築いていきましょう。

「玉の輿に乗る」ことに対して抵抗はいらない!

玉の輿に乗りたい…でも、周りに行ったらお金目当ての卑しい女と思われるかも…。」と、引け目を感じてしまう方もいるのでは?

結論から言えば、全くそんなことを思う必要はありません!

ある調査によると、20代~40代女性の半数以上が「玉の輿に乗りたいと思ったことがある」と答えています。

玉の輿に乗りたい」という欲求を持つことは、女性なら普通のこと。

お金持ちとしか結婚したくない」というように、いやみたらしいような言い方をしない限りは、マイナスに思われることもないでしょう。

多くの女性が「どうせならお金がある人と結婚したい」と思っていることがアンケートでも分かったよね。

「どうせなら玉の輿に乗りたいよね」というようなスタンスなら、むしろ周りも共感してくれるんじゃないかな。

玉の輿に乗る方法まとめ

今回は、玉の輿に乗る方法について紹介してきましたが、やはりどうせなら魅力的なハイスぺの男性と結婚したいですよね。

しかしそのためには、闇雲な婚活ではなく、きちんとハイスぺの男性と出会うための戦略を立てて行動していく必要があります。

例えば、年収ごとによって男性の特徴や狙い方も異なってきますし、ハイスぺと出会うためには出会いの場も工夫しなくてはいけません。

ハイスぺとの出会いの場に迷っている方は、ぜひ今回紹介したマッチングアプリを活用し、素敵なハイスぺ男性と出会ってくださいね。

-婚活

Copyright© マッチングアプリの教科書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.